/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
やっとSEADOOのEMS仕様の目処がたちました!

症状は トリガーエラーが消えなくて悩んでおりました
これが、一番肝心なところですからね~
トリガーホイールを加工したり トリガー信号レベルを最適化して
エラーが入らないようにして 解決です

昨日、トリガーホイールを交換していただいたところから
再入庫しまして 早速、テスト開始です


作ったワイヤーハーネスも だんだんバラバラにしたりして・・・


いろいろ試しましたよ・・・
綺麗な波形で EMSに入力できるようになりました



セッティングは アイドリングして アクセルを開けると吹き上がる程度です
まだ、セッティングと言うより エンジンが始動した・・・
このような表現が正しいですね


ただ、作動確認ですから 高回転まで回さないと確認できませんからね
それぐらいのデーターは作りました・・・
ロガーを見ると 9100rpmまで回ってリミッターが作動しています
エラーは記録されていませんので ひとまず安心です
フィルター回路の定数を見直して 組付けます
完成の目処がたちましたので 「ホッ・・・」としています

今まで EMSはいろんな車種に装着してきましたが
このSEADOOが一番苦労しましたね~

これが完成すると 
お客様にお願いして入庫を伸ばしていただいている
ハイラックスのEMS仕様が 入庫の予定です






拍手[7回]

せっかくおもちゃを購入しましたので 当然、当社の製品を取り付けます

今回のセロー作動確認は DG17Jのみです
これ以前の DG11JなどはAC_CDI点火のため適合できません
間違えないようにお願いします
 
ヤマハのインジェクションモデルへの MSAの装着は・・・
ECUがエラーを出して エンジンが始動しません
エンジンチャックランプが点灯して ダイアグでは
イグニッションコイル1次配線の異常(33)と記録されます
私の購入したセローもエラーコード33を出していました

以前から 最近のフューエルインジェクション仕様へのMSAの装着は
行ってきましたが 作動確認できた車種が少なく 個別に対応してきました
過去には スズキGSX-R600、GSX-R1000などは行いました
ヤマハも2~3車種行いましたが 店頭ではなく
お客様 ご自身に行っていただきました
今回は 私のバイクですので 確実に作動確認が可能です

セローの場合は 装着場所ですね~ 小さいスリムなバイクです 
反対側は工具があります、中古で購入したこのセローは何もついていません
ここに 取り付けることにします

試作品バージョンなら このように2個並びます
取り付けた台は 長さが足りませんので 土手を切断しています

イグニッションコイルは スターターモーターの上です
V-UP16はコイルのプラス側へ MSAはコイルのマイナス側へ結線します
この続きは 次回と言うことで・・・

EMSの装着で苦労していました SEADOOが入庫してきましたので
こちらを最優先で行います


ガンバリマス!

拍手[7回]

シエンタ(NCP81G)へのMSAとV-UP16の取り付けです

先日、購入した私のマイカーです
やっと当社の現行商品を装着できる車になりましたね(笑)
エスティマにも装着していましたが デスビ仕様の特注品でした・・・

トヨタ車へのV-UP16の装着は過去にたくさん行っていますので
結線などは省略します


バッテリーの横に 貼り付けで完了です
もちろん、電圧だけは確認しますよ



今度はMSAです
このころは ECUは室内が多いみたいです
簡単にばらせたし、作業スペースも広いので 室内で作業します

助手席のブロアーユニットの横にECUがあります
ここなら 配線を切断してはんだ付けも可能です

作業風景は こんな様子です
最後にオシロスコープで確認して終了です

早速、試運転してきました
一言で言うと・・・
高級車になったようなフィーリングです 滑らかです 
振動も少なくなったし 加速フィーリングも良くなりました
良いですね!

自分で作っておきながら 改めて感心しました(笑)


拍手[12回]

今日もマイカー シエンタをゴソゴソと・・・

昨日、ベルトを変えて 今朝エンジンを掛けたら
「ギャ~~~」とベルト鳴きです・・・
ベルトの張が弱かったようで 張り直しです
最近は強めに張らなきゃダメのようです

ついでに スパークプラグなども点検です

デンソーイリジュームプラグで 減っていません
ひとまず再使用します V-UP16、MSAは近いうちに装着します

その他 エスティマから降ろした荷物、レーダー、その他
積み込んで 完成です


乗った感想は・・・ 
走りには期待していませんが 1500cc、CVT これなら我慢できます
サスペンションもノーマルですが 変な癖もなく素直です

ただ、ブレーキの初期タッチ これはダメです
パッドがローターに触ると ガツンと効く感じです
腫れ物に触るブレーキングを要求されます
そのくせ、そこから踏んでもあまり変わらない・・・
ブレーキのコントロール性はありません
最近の車は ほとんどこんなブレーキですよね
パッドはまだ十分ありますので 
今回は、人間が慣れるようにチャレンジしてみます・・・


拍手[6回]

平成26年式のシエンタが来ましたよ・・・
これから10年は この車に乗るつもりですが 持つかな~


オイルは交換していただいたようですので
エアーフィルター、エアコンフィルター、ファンベルト、ワイパーのゴム
気になるところは交換します
ナビは トヨタ純正かな? ひとまず、このまま使います

車検は通りましたが タイヤがそろそろ交換時期かな?
安いホイールセットでも買うかな~
ただ、オフセットが純正で33mmなんです
安いホイルは45mm前後 スパーサーも入れるか

この車と、長い付き合いになりそうですよ
壊れなければですが・・・(笑)




拍手[3回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 7
12
20 21
27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア