/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今日は 少し暑いくらいでよく晴れていますね~ 

試運転での1コマです 気持ちが良いですね!
 
このまま バイクで逃亡したい気分を抑えて・・・ 内職です!
MSAの製作ですね 半田ゴテを片手にがんばっていますよ


明日は昼から経理士さんが来ますからね
仕事にはなりませんから・・・ もう少し作ります!


拍手[6回]

先日、EMSを装着したZ750GPの気圧補正でよい結果が出ました
KAWASAKI_Z750GPへのEMSへの取り付けカテゴリは こちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Category/39/

今度は 私のBANDIT1200で気圧補正のテストを 行うための準備です
まず、今までエンジンのマニホールド負圧を拾っていたMAPセンサーを
気圧補正用に使用しますので マニホールド負圧のホースを抜き
このホースは目クラして MAPセンサーを大気圧センサーとして使用します

走行風が当たらると ラム圧や吸出しによる圧力変化が発生しそうです
ホースを風の当たらないところまで伸ばします

セッティングソフトで MAPセンサーを大気圧センサーとして
使用出来るように設定を変更します
別途、センサーを追加しても良いのですが・・・
アルファーN制御ですから マニホールド負圧は使用していません
スロットル開度と マニホールド負圧の関係を知りたかったために
装着していただけですから このように用途を変更します
 
エンジンを始動してみました 教科書のような数値ですね!
気圧101.3kPa、1013ヘクトパスカルと言うやつですね
このときの補正率を100%として 低気圧や高地の
気圧低下したときに 98%とか95%とかを掛け算します
おおよそ 標高1000mで 90%の補正率で設定しました

試運転に出かけます 少し雲は有りますが
絶好のツーリング日和です・・・ このまま逃走したくなります!


帰社してから ログを見ます
 
3段グラフが有る 真ん中です
黄と緑が横一線になっています これが大気圧と気圧補正値です
会社の周りを一回りしただけですから 気圧の変化もありませんし
それに伴う補正値の変化もありませんから 横一線のグラフになります
標高が違うところに行けば 下がったり上がったりするはずです

近いうちに 標高1000mくらいまで上るつもりです

気圧補正は日本で考えると・・・
NET調べると 乗鞍で2700m 富士で2400m位ですね
2500mでおおよそ 75%の補正率ですから 
これぐらいまでと考えておけば大丈夫そうですね!
実際に 私はそこまで高い所には行かないと思います 
1000mまで位のデーターがあれば それ以上も予想できるのかな? 
とも思います・・・ とにかくデーターを取ってきます!


拍手[6回]

先日、Z750GPで標高が高いところの気圧補正がうまく行ったとの事です
私も機会が有れば試そうと思っていましたが
それなりの距離を走らないと高いところに行けませんので 放置していました
季節も良くなったし 足を伸ばして補正データーを取ってくるかな?

おおよそ 標高100m上がって気圧が10hPa下がって燃調を1%減らす
こんな計算で 補正値を算出しました
実際には 標高で温度も変わりますので データーロガーで拾います


ところで・・・
今日も ほぼ日課となりました 朝の散歩です
朝、起きるとずいぶん涼しくなってきました
今まで こんなに季節を感じたことは無かったですね
そろそろ 葉の色が変わるのかな
 
朝から元気な学生は 走っているし・・・
 

昼メシ食って自転車を引っ張り出して・・・

近所を一回りですが 今日は気温が高く暑いくらいでした
 


拍手[3回]

ずいぶん前に 納車させていただきました
Z750GPのオーナーさんから 先日、連絡が有りまして
今、標高1200mのところにいますが EMSの気圧補正って・・・

確か、
この車両は アルファーN制御で エンジンMAPセンサーは無しで制御して
ハルテックの1バールセンサーを リヤーカウルに付けて
EMSのポートに入力してセッティングが煮詰まってきたら
気圧補正をかけるようにと お話させていただいたような・・・?
製作時の資料を引っ張り出して 納車時のセッティングデーターを
PCに表示させて ここから、どうだったかな? と始めるわけです・・・

EMSの装着車両もおかげさまで増えてきましたので 
どの車両が どのような制御でどうやって配線したか?
なかなか思い出せませんので 把握するまでに時間が掛かります
PCで納車時のセッティングデーターを見てみると
標高による気圧変化に対応する空気密度は計算値として
入力してあり それを使用しないように設定してありまして
使用するように変更してくださいと指示をしました
これで 燃料の気圧補正が生きてくるわけですが
あくまで計算値ですし 標高による温度変化は無視した値です
最初は 気お付けて乗ってくださいとお願いしました

今日、連絡がありまして
気圧補正は バッチリ補正できたとの事でした!

このオーナーさんは 
上の写真はEMS装着当時の写真ですから純正のスロットルですが
現在、大きな口径のスロットル交換されたとお聞きしています
スロットルの口径が変わると アルファーN制御では
スルットル開度(%)が同じでも吸入空気量が変わります
しかも、低開度ほど開度変化による 吸入空気量の変化が大きく敏感に反応します
スロットル開度をエンジンの負荷に使用するアルファーNの宿命です
このよう事も十分セッティングに反映していらっしゃいます!

オーナーさんはセッティングで燃費も良くなるし
変更が結果に反映できて 面白いとも言っておられます

いつかお会いして ジックリ、バイクを見てみたいと思います!

拍手[10回]

BANDIT1200のデーターロガーの温度データーと
先日、交換したファクトリーまめしばオリジナルオイルのインプレです
交換したときの記事は こちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1572/

偶然ですが・・・
BANDIT1200のインジェクション制御に使用している
エンジン温度と エンジンの油温が 走行中、ほぼ、同じ値を示します
エンジン温度センサーが120度くらいになると
油温は125度と5度くらい高く表示しますが 
100度以下では ほぼ、同じ温度を表示しますので
データーロガーで 間接的に油温が分かります
 

と言うことで
先日、定休日に走ったときのデーターロガーのログから
項目を減らして温度を見やすくしてみました
緑がスロットル開度、白がエンジン回転数
赤が吸入空気温度、黄がエンジン温度
左から右端まで74分のデーターです
 
下道で帰りのデーターです
左から富加インター付近をスタートして 右端は一宮市の会社着です
このグラフは 最低値と最高値がフルスケールに割り振られますので
黄のエンジン温度の最低が98度、最高が125度 
吸入空気温度の最低が38度、最高が52度です
注目するのは 黄色のエンジン温度データーです
スタートして1/4付近、すぐ温度が上がります、ここは関市内です
信号、車が多いので 渋滞とまでは行きませんが 温度は115度です 
途中、山の中を走って1/2付近くらいからは木曽川の堤防道路
終わりの3/4は一宮市内で信号が多いですね ここで最高温度125度です
油温は最高で 130度まで上がりました

このほかにも ログは取っています エンジン温度は
高速道路では 平均で90度位でした 速度域は100km/h前後です
山の中で95~100度位、5速で2000rpm位で前走車に付いての走行です
ほぼ、油温もこの温度ですね 
町の中もこれ位の温度なら 申し分ないのですが・・・

BANDIT1200は ハーフカウルを無しにして 復活させましたので
オイルクーラーやエンジンへの走行風が増えたのか
ハーフカウル付きより 走行中は若干温度が低いような気がします
でも、信号待ちでの停止中やノロノロ運転・・・
このときの温度は変化しませんね! 
渋滞時も若干低目からスタートしますので 多少低めにと・・・
感じないことも無いですが ほとんど変わらないかな~
こんな事からオイルクラーのコアの大きさよりも 
どれだけコアに風当てて、綺麗に風を抜くか・・・
油温を下げるなら こちらを考えるべきだと思いますね

オイルのインプレは・・・
私が一番気になるのはシフトフィーリングです 
まったく問題はありません シフトアップ、ダウン共に
気持ちよくスコンと入ります
温度が今回、130度まで上がりましたがこの温度でも問題ありません
以前、使用したFMシリーズと同様に 油温の上昇が遅く、下がりも早い! 
これは私にとって 大変ありがたいですね!

 
エンジンのフィーリングは 前にも書いた覚えが有りますが・・・ 
1200ccもあるバイクです トルクも十分有ります
全開なんて・・・簡単に出来ません 正確なインプレは 難しいかも・・・
ただ、このオイルに交換する前の車用オイルよりは 
特に高温時は確実に静かになりました!

また、アイドリング回転数が少し上がったようです
アイドリングのセッティングはまったく変えていませんので
オイルの違いだと思われます これは興味深い結果ですね
粘度が少し違いますが・・・ 今度、確かめようと思います

カウルの有無で まったく同じ条件ではありませんので
今回を基準として もう少し 距離を伸ばして
違いを比べようと思います

しかし、油温が高いですね・・・
ファクトリーまめしば製のオイルに変えてからは
上がっても下がるのが早いので 大丈夫なんですが
以前、使用したオイルは上がると走っても
なかなか下がらないので 参りました・・・













拍手[8回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 5 6 7
11 12 13
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア