/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今年の初めに V-UP16をご購入していただきましたお客様から 
V-UP16レデューサーの 追加の注文を頂きました
その時に インプレも届きましたので 
お客様の了承を得て紹介させていただきます

ここから

ちなみにV-UP16ですが、レデューサーとの相乗効果も有り素晴らしい性能を発揮しています。
以前はどんな走行方法でも燃費は15~16km/ℓがせいぜいで、
高速道路で、燃費向上効果を謳うガソリン添加剤を投入してやっと17km/ℓになった(しかも1回だけ)という状態でしたが、
今では市街地、山道でも17~18km/ℓ台は普通に出てしまいます。
パワーの面でもはっきり効果が出ており、
つい先日に標高が1000~1300m台の高所へツーリングしましたが、
以前だったら1速ギアでも時々ノッキングを起こしながらようやく登っていたつづら折りの急勾配でも、今は3速ギアでも何とか粘りながらノッキングせずに登っていきます。
もちろん1速ならグイグイと登っていきます。
しかも現在は(そのうちに修理しようと考えていますが)マフラーに錆で穴が開いた状態なのです。
数年前にも一度穴が開いたことがありますが、その時は低速のトルクが大幅に弱くなり、まともなアイドリングも難しい状態でした。
それを考えればまさに恐るべしという効果です。

実はV-UP16は取り付けた後にちょっとしたトラブルがありました。
走行中の効果は確かに体感出来ていたのですが、何故か時々アイドリング不調になりノッキング、と言うよりは四気筒のうち何気筒かに火が飛んでいない様な状態になりました。
以前にキャブレターの同調が狂って同様の症状が出た事があったので、すぐに同調を調べましたが問題無く、その他キャブレターで考えられる原因は全てシロでした。
そこで以前から交換しようと考えていたものの、面倒で放っておいたイグニッションコイルが気になりました。
プラグコードは硬化して、イグニッションコイルもそれ相応の経年劣化をしているだろうと思い、コイル・プラグコード・プラグキャップを全て新品へ交換したら、その後不調に陥る事はなくなりました。
V-UP16と電源リレーキットで昇圧した電気をコイルへ送り込んだまでは良かったのですが、そこからプラグまでの間で抵抗が高くなっており不都合が起こってしまった様でした。
V-UP16で昇圧した電気を送り込んでいるんだからコイルが古くても大丈夫だろうと思っていましたが、コイルからプラグまでが駄目なら折角の昇圧した電気が無駄になってしまうんだと実感しました。

ここまで

購入していただいた方からのインプレ大変うれしいです!
今後の活力にもなります
これからも 使用していただいて効果が体感できるものを
製作、販売していきたいと思います

 


拍手[10回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 8 9
14 16 18
22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア