/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
バーキン7のKENTエンジンオーバーホールの続きです
SANY4765.JPGメインメタルとコンロッドメタルです
メインメタルは大丈夫 オイルクリアランスも正常です
新品に交換して組みます
コンロッドメタル 終わっています
クランクにもダメージが有ります 
0.1mm楕円になっています
アンダーサイズのメタルで対応します
写真にはありませんが スラストメタルが重症です
メタルが変磨耗、原因はクランク側でして
メタルを逆にでも組んだのでしょうか 1mmくらい減っています
いくら強化クラッチと言えども こんなにクランクは減らないと思います
溶接、肉盛りで対応するしかありませんね

SANY4789.JPG
誰だ、こんなにポートを大きくしたのは!

バルブの当たり面がギリギリ
シートカットして当たり面が作れるのかな?

SANY4771.JPGおかげでEXバルブのあたりも
外側イッパイです

Iバルブは減っています
おそらく有鉛仕様だと思いますので
これはしょうが無いかな
シートリングを入れれば無鉛仕様になりますが
バルブ同士の間隔が近いな?
燃料添加剤でも使うか?

SANY4775.JPGリテーナー、アルミ製かな?
減って当たり前か・・・
アルマイトが取れたくらいですから
このまま行こうかなと思っています



SANY4785.JPGピストンリングです
段が分かるほど減っていますね
交換があたりませですが リングのみは出ないと・・・マジ?

実はピストントップの形状の違い 燃焼室容積の違いで交換を考えていますが・・・
ピストンクリアランスが大きすぎ!
大きいところで0.2mm以上! 2STでもこんなに大きくないぞ!
シリンダーはラジアル、スラスト方向とも値は同じ 
各気筒とも寸法はピッタリそろっています
と言うことは減ったわけではありませんね
ピストンも加工時の後も残っていますから そんなに減ったわけではないと思うのですが?
普通、ピストンに合わせてボーリングするだろ!
それとも こんな風に減ったのかな? 

おそらく ピストン交換の方向で行くことになるでしょうね

予想をはるかに超える ???のエンジンです

手がかかるエンジンですが 完成が楽しみですよ!
当分、先ですが・・・

拍手[6回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 8 9
12 14 15
18 19 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア