/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
このSEADOOは 純正状態はスーパーチャージャーなんですが
レース専用のボートで ターボ付きなんです
もちろん ECUはフルコンに交換されています
http://www.autronic.com.au/sm4mr_ecu.php
今回、エンジンが始動できないということです 
以前、スーパーチャージャー付のSEADOOに当社のEMSを装着しました
その時の記事はこちらです ↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Category/53/
その経験から 今回、当社で点検することとなりました


火花が飛ばないそうなんですよね 簡単に調べると・・・
イグニッションコイルに電源電圧が来ていません?
このボートの配線図は有りませんので 
フルコンメーカーのサイトにある汎用の配線図を参考にしますが
結局、結線状況を調べるために 皮をむいてバラシマス・・・

ここまでばらして 配線の接続先を調べたら、なんと・・・
点火装置は CDIだったんです! 
道理で、コイルに電源はこないはずですね~
しかも、ECUとは別に付いていた箱は
イグナイターにしては大きな箱だと思いました 
当初は ほかにドライバーか何か入っているのかと思っておりました
今時、CDI点火装置と驚きましたが 
ひとひねりしてあるCDI点火装置でしたよ! 

とりあえず 一通り点検して問題ありそうなところはありません
今度は エンジンを回っていることにして調べます
以前、SEADOOに当社のEMSを装着したとき、
シミュレーション用に クランク&カムパルス発生器を製作しました
これを使って エンジンが回っていることにします

このシミュレーターだと火花はちゃんと飛んでいますよ???
エンジンをクランキングすると 飛びません?
なんとなく 見えてきましたね!
クランク角センサーかカムポジションセンサーの信号が怪しいです
オシロスコープで調べると カムポジションセンサー信号が
出力されていません! 原因はこれです!


原因が分かれば 何だ~ こんなことか?となりますが
ここまで来るのに いろんなことを調べなければなりません
時間はかかっていますよ!

点検している途中には こんなことを見つけました
メインヒューズが解けかけています 35Aのヒューズです

接触抵抗が多すぎるため発熱したと思われます
船体の充電系統以外の負荷は すべてこのヒューズが担当しています
いくら何でも ヒューズ1個では集中しすぎでしょ・・・
そんなことで リレーはメインと燃料ポンプと2個でしたので
燃料ポンプの電源は 別途ヒューズを追加して 電流を分散させます

これで ヒューズの不具合は大丈夫のはずですよ!

今回は原因が特定できました 
特定できないと 再発の危険性も出てきます
原因が特定できて 良かったですよ!
この、SM4というフルコンがどのように動いているのか?
こんなことも 少し、分かりましたしね~ 

当社の担当はここまでです
 






拍手[11回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア