/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
インジェクション仕様でのエンジン始動制御のお話の続きです
今回もマニアックな話ですからね 興味のない方は飛ばしてください
 
今回は 燃料とその他です
前回のお話、点火編はこちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/2139/

燃料噴射制御です

キーがONになりました
最初に 温度を調べます エンジン温度、吸気温度、中には燃料の温度も・・・
EMSはエンジン(水温)と吸気温度です
燃圧を確保するために 燃料ポンプを2~3秒回します
その後、始動性を上げるためにポート内に1回燃料を噴射します
噴射時間は エンジン温度により決定されます
キャブレター車で加速ポンプがついているものは
始動前にスロットルを2~3回開けるでしょ!
これと同じですね

クランキングが始まりました
点火編で説明しましたが 点火できると言うことは
クランクの位置が分かっています 
噴射もクランク位置に対する噴射開始位置が有ります
この位置が来たら 基本の噴射時間に
エンジン温度で決められた 始動増量補正係数が掛け算されて
燃料が噴射されて 点火されて継続的に燃焼が起こります
ここで700RPMを超えると エンジン始動制御から 
始動後増量制御を経て暖気運転制御と移行していきます

始動制御は EMSの場合 スターターモーターでクランキング中、
もしくは クランキングが終わりエンジンが始動して700rpm以下の場合
始動後増量制御は エンジンが始動して回転数が落ち着くまで
エンジン温度に寄りますが30秒~5秒ぐらいです
暖気運転制御は 始動後増量が終わってから
エンジン温度で50~70度までです

ほとんどのフルコンは始動制御でエンジン負荷は無視します
インジェクション車はアクセルを開けずに
クランキングするのが前提ですから負荷は有りません!
ここでアクセルを開けたりしてクランキングすると
アクセルを開けた分だけ空気が入り
空燃比が薄くなり 始動しにくい 出来ない と言うことになります

以前、エンジン負荷を検出する吸気圧センサーの不良で
エンジンが始動できない車両の例で・・・
クランキング時は「ブルン」と始動してそのままエンスト!
こんな症状です 
このことからクランキング時は別の制御で有ることが分かります
記事はこちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1215/
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1218/

この噴射制御でも 
2気筒や4気筒などは クランク1回転に1回
1回の燃焼に必要な量の半分を噴射して
クランク2回転(2回噴射)で1回分とする噴射方法もあります
噴射時間は 長くなったり短くなったりします
噴射開始位置を基準とするのか 噴射終了位置を基準にするのか
グループ噴射、シーケンシャル噴射、同時噴射など
いろいろな噴射方法が有りますが
エンジンの始動制御の説明ですから ここまでにします
 
もう一つの制御 アイドル回転数制御です

さすがに暖気終了後のアイドリング回転数くらいの
アクセル開度(吸入空気量)で冷えたエンジンはアイドリングを継続できません
そのため 冷えているときは余分に空気を入れなければ 仮に始動できたにしても
アイドリングを継続することは不可能です
スロットルバルブを通らずに空気のバイパス通路を設けて
ここから空気を吸い込ませて冷えているときや エアコン等の負荷
このような時にアイドリング回転数の維持していく制御も必要です

クランキングが始まると 
エンジン温度によってバイパス通路を開いて空気を送ります
当然、この空気量も燃料の噴射量に加味されますよ!
始動したらエンジン温度によって徐々に空気の通路を絞り
回転数を下げてい行きます

説明の都合上、分けて書いていますが
点火制御、燃料噴射制御、アイドル回転数制御やほかの制御も
順序良く進行、処理されていきます

エンジンをクランキングして始動(初爆)させるだけでも 
これだけの処理が必要です ここまでキーONから2~3秒でしょうね
この後クランキングが終了して アイドリングが安定するまでの
おおよそ5~10秒は 始動後増量制御です
それが終了すると暖気制御という流れです
ここまで アクセルを開けたこともありません
エンジンが始動してアイドリングさせるだけで
文章にすると こんなに長くなります

ここまで来て やっと実際に走行させるためのセッティングが始まります

これを一瞬で、純正ECUやEMS、各種フルコンは行います
当然、設定ミスや設定値の不良で始動できないとかも出てきます
汎用のフルコンでエンジンを動かすと言うことは 
フューエルインジェクションシステムを理解することになります

何不自由なく走れるって 結構大変なことなんですよ!
今回はこれでおしまいにします

気が向いたら 他の制御も説明するかも・・・?

拍手[5回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 6
12 13
24 25 26 27 28
29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア