/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
BANDIT1200、インジェクション仕様のスロットルボディーは
GSX-R1000 K8のバタフライ口径44Φととっても大きいです
これだけ大きいと 全閉付近がスロットル開度に対して
吸入空気量の変化が相当大きくなります
その分レスポンスはとっても良いのですが・・・
敏感になりすぎて乗りにくいものになりました
GSX-R1000はワイヤー式のスロットルより上流に
電気式のサブスロットルバルブを設けて 
これでレスポンスを適正化していると思われます

BANDIT1200はサブスロットルは取り外して使用しているため
この敏感なスロットル操作で乗りにくいとも言えます
BANDIT1200のインジェクション仕様では
スロットルもいろいろと試しました
当初は GSX-R1000‗K0の42ΦやBANDIT1250の36Φも試しました
36Φと42、44Φと比べると 6000rpm以上の伸びがまるで別物です
一度、この伸びを味わうと36Φには戻れません・・・
このような経緯もあり 44Φのツインインジェクターを採用しています
面積比で考えると 36Φは10.17㎠ 44Φは15.20㎠と約1.5倍ですからね!

当初は このようなワイヤードラムに変更し対策をしました

これもバリアブルピッチになります
このワイヤードラムはGSX-R1000 K0に採用されていまして
この部品欲しさに 中古品を1セット購入し分解して取り付けた経緯もあります
この時の記事です↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1299/
これでずいぶん 良くはなりましたが スロットル操作の荒い私には
もう少し 鈍い方が良いと思っておりました

そこに、ファクトリーまめしばさんの記事が出ました

飛びついたのは 言うまでもありません!
バリアブルスロットルパイプです 
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-3138.html
早速、注文して届きましたので装着ですが
その前に現状を計測しておきます
BANDIT1200は EMSで動いてますのでスロットルポジションを
表示する項目が有ります
この表示は バタフライシャフトの回転角を
全閉0%として全開100%まで割り振ったものです
スロットルパイプや ワイヤードラムを交換しても
バタフライシャフトの回転角に対するスロットル開度は変わりませんので
検証にはもってこいです

まずはノーマルのスロットルパイプです 
全閉位置でワイヤーの遊びを省いた位置に白ペンで印をつけて
一定の位置まで開けます


31.4%ですね 
今度は バリアブルピッチのスロットルパイプです


23.4%ですね
スロットルパイプの回転角は同じですが バタフライシャフトの
回転角度は少なくなりました
これだけ鈍感になったと言うことですね
私にとっては これが最大のメリットになります
当たり前ですが アクセルは少し軽くなりましたが
全開まで回そうとすると 今まで以上にスロットルパイプを回さななりません
しかし、1200ccですからね~そんなに全開まで回すこともありませんので・・・

試運転してきました とっても乗りやすくなりました
今までも気おつけて開けていましたが たまに思った以上に加速・・・
こんなこともありましたが これなら大丈夫です

スロットルワークにあまり気お使わずに乗れそうです!

拍手[7回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 6
12 13
24 25 26 27 28
29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア