/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
セローはEMSの装着のために順調にバラバラになっています

クランク角センサーの設定や点火時期の初期設定で
必ず、圧縮上死点を探します
どんなエンジンでも ここが基本だと思います
セローも同じように 確認します
TDCです 斜めからの撮影ですので ずれているように見えますが
まっすぐから見れば ど真ん中ですよ!


ピストントップも念のためダイヤルゲージで確認していますが 写真は無しです

ここまで ばらしましたので・・・
ついでに バルブタイミングはどうでしょうか?


合いマークとはほぼ合っていますね~
整備書によると・・・
こんなタイミングだそうです

合いマークからずれていたら タイミングも計測しようか?
と 思いましたがほとんど合っていますので 計測は何かの機会に・・・
バイクの整備書は エンジンに関して
このようにカムの作用角やバルブタイミングが分かるような数値まで
すごく丁寧に記載しています 
しかし、エンジンの電子制御に関しては 全く不親切な記載しかありません
不思議ですね~

ところで どれぐらいのカムなのか?
IN 総開角282度、EX 総開角284度(カムの設計なのか実際の角度なのか不明)
バルブタイミング(最大リフト) IN 107、EX 116
さすがに1mmリフト値までは記載が有りませんね 有ったらびっくりします!
バイクのカムは車のカムと比べてみると 
一言でチューニング用のカム(俗にいうハイカム)のようですね~
4輪車の場合 作用角は240度前後がほとんどだと思います
バルブタイミングを変更してみたい気もしますが・・・ 後のお楽しみかな

この後配線の加工などを行い ひとまずエンジンを始動させてみます!

拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア