/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
先日の休み、私のBANDIT1200で走ったログデーターを元に
EMSのセッティングの具体例の紹介です

BANDIT1200は 
EMSをはじめ 当社の製品の開発テストなどを行なう車両でも有ります
特にEMSでは いろんな制御方法や 補正の方法を試したりしています 
そのため セッティングが出ていなくて 
1年中、セッティングをしているように思われる方も
お見えになるようですが セッティングは完了していますよ
ただ、いろんなことを試して遊んでいるだけです・・・(笑)

今回も温度補正の方法を変更してテスト中です
そのついでに 少し気になるところが有りましたので
EMSのセッティングの具体例の紹介です

下の写真は走行時のログデーターを 時系列で表示したグラフです
説明しやすいように パラメーターは減らしています
グラフの左から右端まで約50秒のグラフで
2段目の赤色がシフトポジションです
1速で発進して2000rpm弱で4速までシフトアップ
2段目の赤のグラフが階段状に上がっていきます
中央付近の青いカーソルで 4速、1500rpmです
 

下の写真がその部分のアップです
黄色が空燃比14.3、緑がアクセル開度2.4%、白が回転数1527rpm
赤が燃料マップの値VE38%となります
どのような状況かと言うと・・・
停止状態から前の車が発進して 私もゆっくり発進し シフトアップしています
4速までシフトアップして アクセルを緩めて速度を調整しています
この部分のセッティングはまったく問題ありません

気になるところは この右側で2段目に白い縦線が2本入っているところです


下の写真は 気になる場所のアップです
アクセル開度3.9%、回転数1521rpmです
マップの値VEは44%です
このときの空燃比が15.1となっています
1段目の白のグラフを見ると右上がりですから回転は上昇していきます
緩やかな加速中で 上の例との違いはアクセル開度が1.5%多い
この違いで空燃比が変わります

さすがに空燃比15.1では アクセルを開けたにもかかわらず
思ったように加速しない トルクがやせたように感じます
気になって ログにマークを付けました
それが 2段目の白の縦の線2本です
これで気になる場所が簡単に特定できました

もう少しアクセルを開けるとか、少し閉めて回転上昇を待つとか・・・
アクセルワークで何とでもなります
些細なことですが せっかくですから合わせます! 



今回の空燃比が薄いこの場所を回転数とアクセル開度で
マッピングした空燃比の平均値で見ると・・・
下の写真の青い丸のところです
空燃比13.98と14.33となっていますね 15.1にはなっていません・・・
オートチューニングを行なう場合は 15.1は使用しません
平均値を使用しますので ここまで煮詰まったセッティングには使用出来ません
これが オートチューニングを過信したらダメと言うことです


このような場合は手動で合わせます
一番上の全体を写した写真の右上に燃料マップが表示されています

下の写真は空燃比が15.1の時の燃料マップのアクセス状況です
セルが4箇所、濃い薄いは有りますが黄色に変わっています
この黄色のマップの値を使用して 燃調を決めています
青い丸の中心が現在の回転数とアクセル開度です
アクセスしている4個のセルの使用割合で 色の濃さが変わり
マウスカーソルを合わせると 使用割合が%で表示されます

1500rpm、アクセル開度3%で値が青でつぶれていますが 41で50%
 

同じ位置ですが 1500rpm、アクセル開度5%で値が47で41%です
 

この例では マップの値41を50%、47を41%、残り9%は右側の値を使います
これで、今回の気になる場所はマップのどこを変更すれば良いかが分かります

では具体的にどのような数字にするかですが
空燃比を15.1から14.3に変更しようとすると 5~6%濃くします
今回はアクセル開度3%と5%の割合が50%と41%です
3%の値41を41*1.06≒43を使用します
5%の値47を47*1.06≒50 使用割合が少し低いので50-1=49にします
このようにマップを変更し、同じような走りをして結果を確認します
他の場所も、この作業を繰り返して合わせていきます 

文章にすると 長くややこしいですが・・・ 簡単ですよ!
今回のように こんな些細なことでも 
データーロガーを使用し走行中に 「何か変・・・」と思えば
走りながら ログにマークを付けるスイッチを押して
後で マークをサーチして今回のように見直す! 
しかも、マークはいくつでもつけれます 

「セッティングするぞ~」と意気込まなくても
出かけながら 休憩のときにでもセッティングできます

セッティングの初期には 便利なオートチューニングを使って
普通に走れる所まで自動でセッティングをして 
後は 今回のように合わせていけば 
燃調や点火時期の違いで 乗り味の変わり方を感じながら
セッティングが出来ます 

データーを元に変更していきますから 安心、確実ですよ!




拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 7
12
20 21
27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア