/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
マエカワエンジニアリングさんの PEUGEOT106の続きです
記事は 2回に分けました
車は完成して 昨日、引取りに来ていただきました
当社も 今日からお盆休みです!

今回、製作したものは・・・ これ↓

2chのアンプです
ラジエターファンリレーを動かすために 1ch
ソレノイドバルブを動かすために 1ch、合計2ch必要ですからね
実は バイク用のMSAの基板、回路などそのまま使用しました
マイコンのプログラムのみ専用で 夜、自宅で書きました
ずいぶんオーバークオリティーですが 
基板を切り出し、手で配線して新たに製作するより早いので 
バイク用MSAを改造して使いました・・・

ソレノイドバルブです これでインマニに2次エアーを入れます
マイナスドライバーで ONのときの流量が調整できるので便利です
しかも 某自動車メーカーの純正品ですから 信頼性も大丈夫ですよね


作動は ラジエターファンのHI信号を受けて ソレノイドはすぐにON
1秒後に ラジエターファンリレーをONにします
実際に エンジンを始動して 作動確認をしましたが
ソレノイドONで回転が上がりきるのに 1秒くらい必要です
丁度、1秒くらいでよかったみたいです
プログラムを書き換えれば 調整はできますから
場合によっては 変更することも可能です

今回の アンプの製作やソレノイドバルブの装着で
すべてが解決するわけではありません 
2次エアーを入れた分 燃料も入れないとね!
同時に燃料セッティングが必要でになります

このプジョー106は エンジン負荷をスロットル開度で制御する方法です
本来、アイドリングをあげる場合 スロットルを開ければ 簡単に解決します
ただし、スロットルを実際に開ける しかも、1%以下で安定して・・・
この方法は 難しいですね 
それより ソレノイドバルブで2次エアーを入れるほう賀簡単です
しかし、空気が入ったことは この制御方法では分かりません

ではどうするか・・・
マニホールド負圧を計測すれば 2次エアーが入ったことが分かりますので
この負圧と エンジン回転数との3次元マップで 補正を掛けます
おおよそ このマップは製作して有りますが 
細かく煮つめる作業が残っています
アイドリング付近のみを ズームしてマップを作っていますので
細かく制御が可能です
空燃比計を見ながら エアコンの負荷、ラジエターファンの負荷
パワステの負荷 いろいろな負荷を掛けながらセッティングします

おおよそ出来たところで・・・
これならエンストは回避できたと思います
後は 実際に乗りながら 細かくあわせてくださいね!

なんたって 4連スロットルで エアコン付きの街中快適仕様ですから

拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 7
12
20 21
27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア