/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
マエカワエンジニアリングさんのPEUGEOT 106です
当社のエンジンマネージメントシステムEMSを採用してくださいました
その後 シングルスロットルから 4連スロットル仕様に変更されて 
先日、セッティングなどのお手伝いをさせていただきました

エアークリーナーが付いているので 見えないのが残念ですね
確か 46Фだったと思います 削りだしのスロットルが付いています!


今回の入庫は・・・ エンスト対策です
スロットルが交換されていますので ISCバルブがありません
冷間時は ソレノイドバルブで2次エアーを強制的に入れて
アイドリングを上げています
シングルスロットルの時も この方法でしたが
4連スロットルに変更すると マニホールド負圧が少なくなります
この現象で 2次エアーの吸い込みが少なくなり
アイドリングが上がりにくくなります

このプジョー106は 普段乗りの車、当然エアコン装備です
エアコンONのアイドルアップも必要です 
これは対策をして さほど困らず乗れるようになったとの事でした

ここまでは良かったのですが ラジエターファンで問題が発覚しました
エアコン(コンプレッサー)ONで ラジエターファンも回ります
この状態までは 想定内でしたが・・・ 
水温上昇で ラジエターファンの回転数が 急に上がるんです
ラジエターファンは2段階の制御だったんですね~

調べて見ると
エアコンONや水温がさほど高くないときもかな?
2個あるファンを 直列に接続して回転数を落して回しているんですね
この状態で 水温上昇すると ファンを並列接続に変更して
ファンを 勢い良く回すんですよ これは想定外でした・・・
こんな仕組みになっているなんて 知りませんでした
このときの電気負荷で エンジンがストールするときが有ります

出向いて対策を試みましたが 無理と判断しました
そこで今回の入庫となったわけです


今回の具体的な対策は EMS制御とは別に 
ファンが並列接続(HI)で作動するときは
別のソレノイドバルブで2次エアーを入れてアイドリングを上げます
ラジエターファンのHI回転の信号をトリガーにして・・・
トリガーが入ると このソレノイドバルブをONにして アイドリングを上げて
少し遅れて ファンをHIで回す
ファンモーターの突入電流で負荷が増えますので 
先にアイドリングを上げておかないとストールの回避は難しいと考えます



ここら辺が ラジエターファンのリレーです
配線図とにらめっこしながら実際の結線を考えます

 この続きは 明日にします





拍手[6回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア