/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
今日は少し涼しいですね~ でも35度くらいありますよ!
これで涼しいなんて 異常ですよね・・・ 
暑さの感覚も おかしくなっているようですよ 大丈夫かな?

今日は 当社のEMSをはじめ フルコンのマップのことを少し・・・
興味のある方は 燃料マップとか 点火時期マップとか
聞いたことはあると思います

当社のEMSは
横軸に回転数を左から右へ回転数が上がっていきます
縦軸はエンジン負荷 下から上へ負荷が増えていきます
メーカーによっては 違いも有りますが
概ね このようになっています
下の写真は 私のBANDIT1200の燃料マップです
縦軸(エンジン負荷)は スロットル開度で制御しています
スロットル開度 5%、4000rpmで走行中は 
マップの交点44と言う数字で燃料が計算されます
実際には スロットル開度も5%ピッタリなんてことはありません
5.5%とかの中間点は マップの値をアクセス数の平均値で計算されます
 
横軸の回転数は イメージしやすいと思いますが 
縦軸の負荷は と言うと・・・ 0~100%まで均等割りではありません

縦軸の負荷をアップで見ると
 
スロットル開度(スロットルポジションセンサー、TPS)の値
正確に言うと スロットルバタフライシャフトの回転角度を
全閉から全開まで、100%に割り振った値です
吸入空気量を0~100%に割り振ったわけではありません
全開付近90%でも100%でも 吸入空気量はほとんど変化しませんが
全閉付近は シャフト回転角に対して吸入空気量の変化は とても大きくなります
このことから スロットル開度、全閉付近は割り振りを細かくして
全開付近は 荒くしています
車とバイクではアクセルの使い方が違いますので この割り振りは変わります
バイク同士でも 排気量によってどの部分を細かくするかは 変わってきます
750ccくらいであれば 5%~15%を細かくします
このマップ軸の割り振りは 後で変更しようとすると 
マップ全体に影響が出る場合が多いので 
セッティング初期に変更、決定するようにします
自分が細かく制御させたいところは細かく、
荒くとも問題が無いところは荒く 調整します
セッティング中でも マップの値で同じ数字が並ぶようなところは
荒くても 大丈夫ということが言えますので
途中で軸を変更する場合も有ります
当社のEMSの場合は燃料で16*16ですから うまく帳尻を合わせます
軸の割り振りは 自由に設定できますから 助かりますよ!

エンジン負荷を マニホールド負圧で制御する場合も
同じように割り振りを考えますよ

このように 一寸したコツや慣れ、とでも言いましょうか
こんな事も 必要になってきます

おまけです
 
バイク用のスマートフォンフォルダーを買って見ました

昨日 18:00ごろ走ってきました この時間なら表示は見えますね 
GPSのスピードメーターも 動いていますよ
いつもはポケットに中でしたので はじめて見ました
しかし、段差でぶれますので 対策が必要かもですが
たぶん ポケットの中で使用すると思います(笑)

拍手[5回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 7
12
20 21
27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア