/*ここから/* /*ここまで*/
このブログは引っ越ししました 引っ越し先は・・・ http://twintop1.blog.fc2.com/  今後は新しいサイトでブログの更新をしていきます 
少し前になりますが
にえガレさんのRZ250にフルコン(EMS)の取り付けで
レギュレターをFET仕様のものに交換しました
その時の記事は こちらです
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1182/

交換のついでに 充電状況をテストしてみました
まず、レギュレターを接続せずに 1相ごとに計測です
 
3相とも 綺麗に同じ波形ですので 発電用コイルは問題ないと思います

この状態でFET仕様のレギュレターを装着して 計測します
計測場所は こちらです

レギュレターに入る発電用コイルの3本を計測します
一寸、怪しげな接続ですが 
カプラーをばらすのが面倒だったので ご容赦ください・・・(笑)

無負荷、2000rpmでTCI点火装置での波形で
レギュレターをつないだ状態ですから
整流用ダイオードが接続状態になります
プラス側へ整流されていることが分かります
波形の直線部分が0Vで 上に飛び出している部分のピーク電圧は18V位です

バッテリー電圧は14.7Vですので 充電設定電圧を超えていると思われます
黄、青、紫の波形で 上に飛び出ているところが充電している所です
それ以外のところは 
レギュレターのFETがONの状態で 充電をキャンセルしている所かな?

今度はヘッドライトをONにして 負荷を掛けて
バッテリーの電圧を下げて、充電設定電圧以下にしてみます
 
計測条件は同じですが バッテリー電圧は 13.5Vです
上に飛び出している所が増えているので 充電量が多くなったと思います

分かりやすい様に 

緑色の波形は レギュレターの出力、バッテリーにつながる配線です
黄、青、紫、の上に飛び出しているところで 緑波形も
若干、上側に持ち上がっています 電圧がその部分で上がっています

以前、充電電圧を調整できるタイプのレギュレターを作ろうかと
思った時期も有りましたが そこから進んでいません
今回、充電回路の波形は初めて見ました 
面白そうですから 興味はあります 
気が向いたら作ってみようかな~
とも思いますが ケースが一番の問題ですね!
それに、暇がありませんから・・・たぶん、ボツですね(笑)

今回はFET仕様のレギュレターでの計測でしたが
サイリスター仕様のレギュレターや
純正装着状態のレギュレターも計測すればよかったよ思いますね
実は にえガレさんがお越しになった時に
必要の無いものは 返してしまいました
機会があれば また計測するかも? です






拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア