/*ここから/* /*ここまで*/
このブログは引っ越ししました 引っ越し先は・・・ http://twintop1.blog.fc2.com/  今後は新しいサイトでブログの更新をしていきます 
RZ250にエンジンマネージメントシステムEMSの取り付けも 
車両は 完成して試運転も済ませました

AC_CDI、TCI(フルトラ)点火 両方ともテストして作動も問題ありません
点火時期も パソコンで自由自在に設定できます
レブリミッターも 任意の回転数で設定できま 
リミッターの入り方も非常にやさしいですよ 
トルクが抜けていくような感じで入ります このリミッターは良いですよ!

しかし、まったく問題が無いわけではありません
何が問題か と言うと・・・
始動性が ノーマル状態より悪くなっています
このRZ250はもともと始動性は非常に良かったのです
軽くキックすれば あっさりエンジンは始動していました

あらかじめ予想はしていましたが・・・ 
問題は キックスタートです 
スターターでの始動のように クランキング回転数が
安定しないことに原因があります
キックスタートでは キックペダルを踏み下ろすにしたがって
回転数は増加して 始動しない場合は
その後は回転数は下がり止まります
このように始動時に毎回転ごとに回転数が変化することで
点火時期の安定性が悪くなっています
気合を入れてキックすれば さほど問題なく始動しますが
ノーマルのように軽くキックすると始動できないことも多々有ります
また、2000rpm以下での点火時期の安定性も
ノーマルに比べれば 若干悪く ふらつきます
それ以上の回転数であれば 点火時期は安定しています

試してみなければ 正確なところはわかりませんが・・・
現在、ピックアップはノーマルを使用しています
フライホイールに2箇所(180度)突起があり これを検出して制御しています
私のBANDIT1200は12個の突起を検出しています
先日、製作したFIAT500チンクでは36個の突起を検出しています
これらのように もう少し突起を増やして 
細かく拾えば解決するのではないかと思います
しかし、フライホイールを改造することになりますので
難易度が高くなります

私が試乗した限りでは 
エンジンが始動してしまえば さほど問題にはならないと思いますが
最終的には、オーナーのにえガレさに試乗していただき 
判断していただこうと思います

これで この企画はひとまず終わろうかと思いましたが
せっかくTCI点火も試しましたので・・・
次回は TCI点火に当社の商品 V-UP16を取り付けて
テストしてみようと思っています

また、CDI点火装置でも 今は廃盤にしましたが
以前、ジェットスキー用にDC_CDIも製作していました 
私のジェットスキー用に製作したものがありますので
こちらもテストしてみようか?
こんな事も考えています

このような状況ですので もう少し、続きます・・・

フルコン、エンジンマネージメントシステムEMSの詳細は
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/syouhin/EMS/ems.html



拍手[9回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア