/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
ヤマハFZSのノーマルセッティングデーターを拾っています

SANY4425.JPG




先日、製作したピックアップパルス発生器で擬似信号を送り
エンジンを回っていることにして
温度センサー、圧力センサーもダミーでごまかして
インジェクターの噴射時間、点火時期など 可能な限りノーマルデーターを拾います
この作業で このエンジンの特性がおおよそ分かりますからね
後のセッティングも楽に出来ますし 間違ったセッティングも防げます

陸の上のエンジン制御とは少し考え方が違うようですね
基本が違うとでも言うのかな

とっても良い勉強になりますよ

拍手[3回]

 ヤマハFZSを今日もゴソゴソと・・・

火花が飛びません!
配線は間違いないし オシロスコープでいろいろと調べると

サブコンへ 信号は入力されているし 出力も異常なく出ています
しかし イグニッションコイルの駆動信号の電圧が低い!
5Vの方形波で駆動するのですが 2.5Vしか出ていません
コイルを外すと 5V出ています
サブコンの出力電力が足らない様子ですね
イグニッションコイルは パワートランジスター内蔵型なので
駆動できると思っていましたが ダメのようです
簡単な増幅回路(イグナイター)を作りテストしたら
火花はバッチリ!

結局、イグナイターを作ることで対処しました
SANY4417.JPG
箱が一個増えました・・・
おかげで ECU_BOXが満タンになりましたね
大きな箱を選択して正解です

今日、無事エンジンが始動しました

これで 何とか目処が立ちました!

この後 A/F計の設定や データーロガーの設定
その他の調整をします

もう少し 時間が必要のようです
 

拍手[4回]

昨日 作っていた
ヤマハFZS用ピックアップ信号発生器をケースに入れて 完成しました
SANY4414.JPGSANY4411.JPG
これで 簡単にシミュレーションできます

非常に便利ですよ!

拍手[5回]

SANY4314.JPG




正月明けに ブレッドボードで組んだ
FZS用ピックアップ信号発生器を基板にしました
SANY4408.JPG




ソフトを改良して 300~9800RPMまでの信号を発生させます
FZSはクランクピックアップがアナログ信号
カムセンサーがデジタル信号
しかも 両方同期して出力しないとダメ!
面倒でしたが 無事、完成しました
後はケースに入れて完了です
SANY4409.JPG
テストの様子です
設定どおりに出力しています


これを使うと 実際に走らなくても
いろいろなシミュレーションや 故障診断が出来ますからね
たとえば 全開で走行中での不具合など 実際に走らなくても
ピックアップ信号発生器で 7500RPM付近の回転数の信号を出し
エンジンが回っていることにして アクセルを開けて、ブーストがかかっていることにすれば
再現できますからね!

今までにも デジタル用、カワサキアナログ用、MSDマルチ用など
作ってきました
便利なTOOLですので 私には必需品です

拍手[7回]

FZSのメインハーネスが完成しました

後は 船体側の配線加工やら センサーの取り付けなどです
SANY4401.JPG

拍手[7回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
6 7
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア