/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
昨日の続きで セローの空燃比の件です

この記事も 私のセローしか起こることがない事例だと思います・・・

コイルを交換したので コイルが原因と考えましたが
どうも コイルでは無いようです
しかし ウオタニのコイルは 長い火花を飛ばすことを
実際に計測することになりましたね 長さは2倍です!

さて、空燃比が薄くなる原因は 空気が増えること
もしくは 燃料が少なくなることです

走行5000kmのセローです 2次エアーの吸い込みは
まず、無いと思いますが 後々のことを考えて確認します
そのため、バラしました・・・

スロットル、インシュレーターを外して2次エアーの吸い込みや
FIDバルブも外して 座面の傷等も確認して
さすがに 距離が少ないので 綺麗な物ですね
いくら見ても 異常は有りません


外したバイク側のこの状態です
ここまでばらしましたので バルブクリアランスを確認しておきます

写真は手がオイルでベタベタですので 有りませんが
何も変わった作業ではありませんので・・・
現車はメーカーの基準値の大きい方に入っていました
IN 0.05~0.1で0.9 EX0.1~0.15で0.15でした
IN 0.07、EX0.12にしておきました

インジェクターは 今どきのものですね
大きさは分かりませんが 10穴で燃圧は250kpaと一般的なシステムです

バタフライ径は33Φでしょうね
その他 入口、出口インシュレーターを含めて寸法を計測しまた
今後のデーターになりますね

ところで 空燃比の件ですが・・・
吸気温度補正の設定値が少しずれていたようです
この原因究明に2日間費やしました 1日目は相当、暑い日でして
吸入温度は 52度まで上がりました
そして2日目は 45度まででした この日は症状が出ませんでした
これで 気が付いたわけです ログで補正値を確認していくと・・・
50度を境に 急に補正値が変わります 原因はこれです!
吸気温度が50度を超えると 燃料が少なくなりました・・・
丁度、吸気温度50度付近を上がったり下がったりしていました
誰のせいかと聞かれれば 私のせいです
私の設定ミスですね・・・

フルコンの場合は 
正確な補正値を入力しなければ 今回のようなことが起こります
サブコンではできないことも 設定可能ですが
その分、ごまかしは効きませんよ きっちり合わせないとね!

どうも自分の車やバイクは 「気合が足らん」ようですね
ほかの作業の合間に設定したりしていますからね
忘れ物が多かったり 今回のように途中半端の設定になったりします
このような仕事は 空いた時間ではなく
お客さんの場合と同じように 集中して作業しなければと思いました
原因が分かって何よりです

これで ブリスクスパークプラグのテストに入れます






拍手[10回]

この裏技は 私、専用です 他の人には全く無用のはずです
私の 覚書として書いていこうと思います
セローをEMS仕様にした時 メーターとの通信が途切れて
スピードメーター表示が出ない
この対策として ノーマルECUをこのためだけに接続しています
この時の記事ははこちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/2100/

スピードメーターは表示しますが 
トリップメーターと時計のリセット調整ができないことになりました
この対策方法です
現在、キーONではこの表示です
13はダイアグのエラーコードで 順次ほかの数字も表示されます


ノーマルECUの電源をON、OFFするスイッチを付けて・・・


OFFの状態で キーONにすると・・・
ノーマル状態と同じ表示になります
この状態の時のみ SELECTとRESETボタンが機能します
ちょっと不便ですが この機能は使えますので助かりますよ!
トリップくらい使えないとね~ 
ガソリンの残量とか燃費も分かりませんので・・・


しかし、上記の状態は 5~10秒くらいで消えてしまいますので
急いで 設定する必要があります
この時間を経過すると ECUからの信号が無い
Er-1と表示され ボタン操作は無効にされます・・・


とりあえず トリップと時計は使えます 
ラッキーですよ!

拍手[7回]

今回は セローのイグニッションコイルを交換します
交換するコイルは もちろん私のお気に入りで ASウオタニ製のコイルです

ただし、私のセローは EMS仕様ですから コイルのみの交換が可能です
このインジェクションモデルのセローは
ASウオタニ、パワーコイルキットをお使いください
お間違えないように お願いします

EMSですから コイルの通電時間も このコイル用に変更します
イグナイターはEMS専用のMSA仕様のイグナイターでマルチスパーク仕様です

セローにはこのコイルでもデカいな~・・・ 無理やり納めています


プラグコードの手配を忘れましたので ひとまず在り合わせで・・・


プラグキャップは ジェットスキーに使用していたカワサキ純正品です
ユルユルですが 雨ではないので・・・

ASウオタニ製のコイルは 長い火花を飛ばしますので 気に入っています
このセローの場合は 今までの場合と少し違うようでして
オシロスコープで計測などしていました
この件は 燃料のセッティングとの兼ね合いも出てきましたので
新しい記事を書こうと思います

拍手[7回]

最近、セローのネタばかりですが ちゃんと仕事はしていますよ!
一生懸命、内職しています・・・

セローは 順調にセッティングが進んでいます
毎日、時間を見つけて・・・作ってですね 行っています

ある程度走れるようには オートチューニング(自動セッティング)で行います
これを数回行えば 不自由なく走れます
それからは 全部行うのではなく
今回は アクセル開度20%くらいで 2000rpm~4000rpmくらいまでとか
こんな調子で行います
不自由なく走れますので 自由に走り回ってログを見てみます

回転数と アクセル開度を軸に 空燃比の平均をマッピングすると
このようになります もう少し薄くする方向に合わせますが
これで問題なく走りますよ!


この先は ピンポイントで合わせていきます


同じくロガーの画面で時系列表示です 横軸が時間です
3段目で 黄色のグラフが上下に動いています
ここは私がログにマークを付けたところ
最初は長く1回、次は短く3回 この間3秒くらいですね
これより少し前に 異常に濃いところが有りましたので
このようにマークを付けました
長いログでも このようにマークの付け方を工夫すれば
何か所でも 人間が覚えていられるだけマークを付けられます(笑)

この時期、エンジン温度は 130度を超えます
この時の吸気温度は50度です(クリーナー無し)
アイドリング中、エンジン温度80度では空燃比13.0~13.5で
このままエンジン温度が130度まで上がると 空燃比11.5~12.0
明らかに、補正が必要ですね・・・
こんなことも分かってきます

極まれに アイドリングからの発進にトルクが抜ける時が有ります
ログマークスイッチを付けましたので 再発時に調べます

良く走りますよ!
ノーマルとは明らかに違います アクセルを開けるのが楽しくなります
途中からのトルクの盛り上がりが 良いですね!
今日は 日中の、一番暑い時間に走りました

今度は イグニッションコイルを交換しようかな?
EMS(フルコン)ですから 自由に選べますので・・・

  

拍手[5回]

バイクのセッティングには これが必要です!


車でEMSをセッティングする場合
ノートPCは助手席に置いて いつでも見ることができます
もしくは 私が助手席に乗って 誰かに運転してもらうとか・・・
この方法なら 走りながらセッティングも可能です 
大変、効率が良いセッティングができます

ところがバイクの場合はと考えると
走りながらPCを見る、2人乗りして後ろでPCを見る・・・
こんなことできるはずもありません
勘に頼る・・・ 今どきこれは無いですよね~(笑)

結局、データーロガーが無いとほとんどセッティングできない状況です
ロガーには ほとんどのパラメーターが記録されますので
後で 確認も容易なんですね~
しかし、長いログの中で 自分が見たいところを探すのが大変なんです
そこで ログにマークを付けます!
これが大変便利なんです 自分でスイッチを押すだけで
走行後 ログの中からこのマークをサーチするだけです
ピンポイントで場所が分かります 
その場所のデーターを見て セッティングするわけです
 
もう一つは 走行中にマップを切り替えます
2種類のセッティングを走りながら試せるんです
止まりもしませんので 少しの違いでも分かりやすいですよ
元に戻す場合も簡単です スイッチで切り替えるだけです

当然、セローにも付けましたよ
ハンドルから手を放さずに操作できる位置です
手を少しハンドルグリップの内側に持ち帰ると操作できます

これで セッティングの効率が格段にアップしますから!


拍手[6回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
16
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア