/*ここから/* /*ここまで*/
このブログは引っ越ししました 引っ越し先は・・・ http://twintop1.blog.fc2.com/  今後は新しいサイトでブログの更新をしていきます 
以前、当社のエンジンマネージメントシステムEMSを
装着していただいたハイラックスにMSAの取り付けです

デスビ仕様ですから コイルは1個で EMS専用のMSAになり
当社では特注仕様となります
EMSの取り付け調整は、私が行いましたので結線は分かっています
電源とアース 点火入出力を接続して終了です

早速、オーナーさんと試運転に出かけます
オーナーさんの一回りしたインプレは・・・
エンジン音が静かになり滑らかに回っているそうです
3000rpmから4000rpm付近のトルクが上がったと
私も隣で トルクアップは感じました 違いがよくわかるエンジンですね
と言うことは 今までしっかり燃えていなかったのかな?
こんな想像ができますね・・・

今回の入庫は MSAの取り付けとコールドスタートの調整です
EMS仕様にしたのは 昨年の夏ごろです
冬の気温が下がったときのエンジン始動調整は 
過去の経験と 他の車種のデーターで作り 実際の調整は行っておりません
そのため今回の入庫、調整となったわけです
このコールドスタートの調整は 1日1回、もしくは2回しかできません
一度、始動してしまえば また冷えるまで待ちます・・・

この車両は コンピューターで制御していない エアーバルブで
冷えた状態の時のみ 空気を送りアイドリングを上げます
簡単な機構ですが コンピューターと同期できません
そのため 誤差が生じその分空燃比がずれます
このころの年代であればこれが当たり前です
暖気中のみですから おおよその数値で合わせることにします

ついでに・・・
他の部分の調整も見てみます


一回りして、ログを取ってみてみると 走りは問題ありませんね!
ただ、無駄な燃料を燃やしていますね・・・
まだまだ、燃料を絞れます 燃費が良くなる要素は十分ありますよ
これはオーナーさんに説明をします 
最近、燃料価格が上がっていますからね!



久しぶりに乗りましたが 良く走りますよ!
MSAの効果もしっかり出ていますし 走りは絶好調と言っても良いと思います

朝と、帰社前にコールドスタート調整を行う予定です




拍手[5回]

今年の7月ごろ、EMSを装着していただいた
ハイラックスの 再セッティングです

暑い時期にセッティングしましたので
寒いくなったときのエンジンの始動は 未確認と言いますか?
過去の経験から これぐらいだろうという補正データーです
エンジンの始動性が悪いということで 再セッティングすることにしました
 

その前に ログを取っていただき 事前に検討します
コールドスタートのログと 高速道路のログを
取っていただきましたので 詳しく見ています
コールドスタートは 濃すぎますね・・・
この車両は 冷えた時のアイドルアップは 
コンピューター制御ではなく エアーバルブと言う
水温のサーモスタットみたいなものと電気ヒーターで
空気の通路を開け閉めして調整します
コンピューター制御であれば 同期できますが
勝手に動きますので 誤差で燃調が狂う可能性も出てきます
水温が上がるまでの暖気状態ですが
調整できるのであれば 調整してみましょう


このハイラックスの 高速道路のログは初めて見ました!
少し、濃いですね~
調整すれば 燃費も良くなると思います

来年、気温がしっかり下がりきったところで 調整しましょうか?
普段使わない車ですからね~ こんな話となりました 

私の他の仕事は 今日も内職ですよ!


一生懸命、製作に励んでおります!

拍手[6回]

ハイラックスにEMSを装着して 
セッティング初期の時にエンジンの始動動画を撮影していました
インジェクション仕様ですからセルのみでエンジンは始動します


前回、EMSを装着した車両のデーターのまま 始動させてと思います
その後、カラ吹かしを行っていますがスムーズに吹き上がっています
車両データーがあるだけでも 助かりますね
データーが無いと ここまで仕上げるのにも時間がかかりますので・・・

そして 今日、納車です

オーナーさんに乗っていただきました 
中間のトルクが上がって 乗りやすくなったそうです
今回はありがとうございました



拍手[5回]

今日も ハイラックスのEMS仕様です

試運転も完了しまして データーロガーでログを取り
それを元にセッティングを繰り返していまた
エアコンや ヒーターファンなどの電気負荷も
対応しているつもりです


車の場合は このように助手席にPCを積んで適当な場所に停止して
ログを見たり その場でセッティングが可能です
誰かに運転してもらって 走りながら助手席でセッティング!
こんな効率の良いセッティングも可能です

この車の場合
エアーバルブの閉じ具合にばらつきがあるようで
アイドリング回転数の安定が少し悪いです
純正部品を調べると 生産廃止でした
冷えているとき、アイドリング回転数を上げるための部品で
電気ヒーターと水温によって空気の通路を閉じるような仕組みで
コンピューター制御ではなく別回路です
完全に動かなければ他の方法も考えますが
安定性が少し悪いだけですから このまま様子を見ることにします
そのためアイドリング回転数は少し高めにしました

この後は オーナーさんと一緒に説明しながら
もう少し 合わせようかと思います





拍手[5回]

今日は定休日で天気も良いですが 残念なことに体調不良です・・・
熱は無いのですが 鼻水がダラダラです 
バイクで出かけるつもりでしたが 
諦めて自宅でゴロゴロしながら ブログを書いています

ハイラックスのEMS仕様は無事試運転は完了しました
以前 EMSを装着したハイラックスのデーターを元に
セッティングを開始して 普通に不自由なく走れるまでになりました



PCをセットして データーロガーをONのはずが・・・
車のセッティングで使用するのノートPCの電源を切り忘れまして 
バッテリーが空っぽです(笑)
充電中のため 私のバイクで使うPCを急遽使用しますが
画面が小さいので このPCでは効率が悪すぎです


セッティングは 自分の合わせたい条件で走ります
例えば、全開加速を合わせるなら 全開で走ります
加速も減速もしない 流しているところを合わせるなら
そのように走ります!
ログを見て「濃いところは薄く 薄いところは濃く」と 修正していきます


今回で2台目ですから 比較的早くできましたね~
でも、1台、1台セッティングしなければダメですよ 
データーは同じではありません・・・
新車なら同じデーターでも大丈夫だと思いますが
20年も前の車で エンジンはオーバーホール済みで仕様が少し違います
走行距離も違います 
全くデーターが無いよりは助かりますが 
基本的には その車だけのセッティングになります


最初は大雑把に合わせて 徐々に細かいところを合わせます
エアコンや電気負荷もあります
特にアイドリング付近は A/CコンプレッサーのON、OFFで
負荷がずいぶん変わります

現状のセッティングは 普通に走りますが
気になることろもありますので 
もう少し 合わせこみます!






拍手[3回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア