/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
以前から なんとなく右に流れるような・・・
このような印象はあったのですが 
EMSのセットばかり気にかけていまして 
あまり気にしていませんでした

何気に ハンドルから両手を離したら・・・
勝手に右に曲がっていきます びっくりしましたよ!
なんとなく右方向へではなく 明らかに右に流れるですからね~
当初は 私の乗車位置が右に偏っているとか?
乗る位置を わざと左に乗ってみたり
いろいろと試しましたが 私が悪いわけでは無いようです・・・

今日、一仕事してから・・・
スタンドに上げて 調べました


大した道具があるいわけでもありません
写真は撮っていませんでしたが
左右に まっすぐな棒を並べて 寸法を拾ったりしましたが
基準にしたフレームの位置が左右同じか?
これも定かではありません
リヤータイヤを まっすぐな棒で挟みこみ 
フロントタイヤの位置関係を調べたり
当社にある道具で 理屈を考えながら計測しました

リヤータイヤが車両の真ん中にないような?
このような印象ですが 計測誤差も大きいと思いますので
確実ではありません
簡易的に チェーンの伸びを調整する機構を使って
わざと 左右を変更してリヤータイヤを少し斜めにすると
症状は 相当緩和されます・・・

NETで調べると・・・
同じような症状も出てきますね~
マフラーが重いからとかいろいろな意見交換もされています

しばらく悩むことになりそうです・・・




拍手[10回]

先日 同じような記事を書きましたが 
写真が分かりにくいので 写真を撮り直しました

日没後、壁に照らしてた写真で LOビームです
写真では真ん中が暗くなっているのが良く分かります
実際より明暗が強調されているように見えます
平均的には ハロゲンより明るいのですが 
真ん中の暗さで 暗いと感じます

道路での照射です
照射パターンが分かりやすいように 光軸を若干下げ気味にしています



HIビームです こちらは問題ありません
ハロゲンより とっても明るいです!


同じように道路での照射です 
同じく、光軸はLOと同じように若干下げた状態です


ヘッドライトの口径が小さいことが原因だと思います
焦点がずれるんでしょうか?
このような状態です 参考にしてください・・・

拍手[6回]

先日、LEDヘッドライトに交換した私のセローです

LEDに交換後は LOビーム時、真ん中が暗いと思っていましたので
試しにハロゲンH4バルブに 戻してみました
真ん中はLEDより明るいですが 全体的には暗い・・・
LEDに慣れてしまうと ハロゲンでは全体的に暗く感じます

LEDのLOで段ボールを照らしてみました
LED特有の 白っぽい光ですが 真ん中が暗いと思います
段ボールの横が短いので切れていますが 外側も明るいです


HIで同じことを行います
こちらは ハロゲンと比較にならないくらい明るいです


このような感じですね~
BANDIT1200は このような照射パターンでは有りませんので
ヘッドライトの口径の違いには間違いないと思います
あまり口径の小さなヘッドライトへの
LEDバルブへの交換は 向かないのかな~
こんな印象も否定できません

私の場合は 暗くなってから乗ることは ほとんどありません
明るいうちに 帰ってきます
なんたって 1日で100kmも走れば満足です
もしくは 製品のテストで会社の周りをウロチョロするだけ
こんな使い方ですから LEDヘッドライトを装着することにします

それに ヘッドライト自体が明るいと 
相手に存在をアピールできて安全かな?とも思います


拍手[7回]

最近のヘッドライトの流行は LEDですよね!
私のBANDIT1200もLEDに変えました・・・
その時の記事は こちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1858/

ここで使用したLEDライトは 日本ライティング製の
バイク専用H4タイプです

セローもH4ハロゲンとBANDIT1200と同じです 
暗いので明るいLEDに交換したいのですが
奥行が問題のようでして LED冷却ファンが当たりそうです
せっかく購入して 装着不可では無駄ですから・・・
テストでBANDIT1200からLEDライトを外しまして 移植します

下の写真のように ヘッドライト内には納まりますが
予想通り冷却ファンが キーシリンダーに当たります
他にも 配線とか邪魔者がいっぱいです


結論は ヘッドライトを前に出すしかありません!
そんなことで 頭をひねって前に出しました


ヘッドライトのカバーとでも言うのかな? それとも小さなカウル? 
これにヘッドライトのハウジングがついていますので
このカウルを前に出すことになります
メーター上部とカウルの隙間が広くなっていますのでわかると思います
これぐらい前に出すと ファンも当たりませんし
光軸(上下)も問題なく動きます

装着前のメーターの写真です


これで装着は完了しましたが こんなに面倒だとは思いませんでした
そのため 一般の人にはお勧めしません 細かな説明もしません
当社でも これが最後の取り付けで もう頼まれても付けません!
でも、点灯すると 白くて明るいですよ!
良いですね~

頑張れば装着可能ですと言うことです!


外したBANDIT1200用に もう1セット買わなきゃな~・・・(笑)

拍手[6回]

セローはEMSの装着のために順調にバラバラになっています

クランク角センサーの設定や点火時期の初期設定で
必ず、圧縮上死点を探します
どんなエンジンでも ここが基本だと思います
セローも同じように 確認します
TDCです 斜めからの撮影ですので ずれているように見えますが
まっすぐから見れば ど真ん中ですよ!


ピストントップも念のためダイヤルゲージで確認していますが 写真は無しです

ここまで ばらしましたので・・・
ついでに バルブタイミングはどうでしょうか?


合いマークとはほぼ合っていますね~
整備書によると・・・
こんなタイミングだそうです

合いマークからずれていたら タイミングも計測しようか?
と 思いましたがほとんど合っていますので 計測は何かの機会に・・・
バイクの整備書は エンジンに関して
このようにカムの作用角やバルブタイミングが分かるような数値まで
すごく丁寧に記載しています 
しかし、エンジンの電子制御に関しては 全く不親切な記載しかありません
不思議ですね~

ところで どれぐらいのカムなのか?
IN 総開角282度、EX 総開角284度(カムの設計なのか実際の角度なのか不明)
バルブタイミング(最大リフト) IN 107、EX 116
さすがに1mmリフト値までは記載が有りませんね 有ったらびっくりします!
バイクのカムは車のカムと比べてみると 
一言でチューニング用のカム(俗にいうハイカム)のようですね~
4輪車の場合 作用角は240度前後がほとんどだと思います
バルブタイミングを変更してみたい気もしますが・・・ 後のお楽しみかな

この後配線の加工などを行い ひとまずエンジンを始動させてみます!

拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
7
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア