/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです

別に調子が悪くて外すわけではないですよ・・・お間違いなく!
現在、何も不具合はありません

昨日、下道を好きなように120kmほど走り回ってきました
 

絶好調と言って良いくらい何事も無く よく走ります!
大型トレーラーの故障で渋滞にも合いました
低速のノロノロ状態でもクラッチワークだけでも走れますし・・・
燃費も17km/Lと良くなりました この燃費なら文句はありません
昨日のログも見ました 気になるところは有りますが
どうしても変更が必要かというと・・・ 数字だけですからね
特に変更しなくても良いと判断しました
いろんなことも試して LINK特有のクセとでも言いましょうか?
ある程度、把握しましたので ひとまずLINK_StormからEMSに戻します


戻すと言っても 写真のようにカプラーを抜き差しするだけですから
また、いつでもLINK_Stormに変更できますし・・・

今回、短時間でLINK_Stormを合わせられたのは
EMSでセッティングしたデーターを基本としたからです
このデーターの有無は 大きいですよ!
いつもフルコンを請け負うとノーマールデーターを拾いますが 同じ理由です









 

拍手[5回]

先日、高速道路や山の中を走ってきました 
バイクに乗るには とっても良い季節になりましたが
あっという間に寒くなるんでしょうね~
最近、春と秋がとっても短いように感じます・・・

長良川SAで 一休みしてデーターロガーの区切りとします
前回はここで ソフトが強制終了しました
今回は大丈夫でした 正常にログもセーブできましたし


高速道路のログや 山の中、標高280m付近のログなど 見てみます
PCのディスプレーは これぐらい広く使えると見やすいです!
27インチ、2台で 老眼にもやさしいです(笑)
 
気圧補正は 現在のLINK_Stormの設定だと 
内部のセンサーが自動的に補正するとの事でした
気圧は表示できますが 補正値の表示方法は見当たりません?
平地と空燃比はほとんど変化しませんので 効いていると思いますが
正確には もう少し気圧の低い高いところまで上らないと・・・
この標高での判断は難しいですね・・・ 25kpaで2.5%くらいかな?

下の写真は高速道路のログで 左から右へ20分くらいです
 

現在のセッティングは とっても気持ち良い仕様となっております
そのため、燃費は少し犠牲にしています
高速や下道の巡航で 空燃比13.5位に合わせています
アクセルレスポンスやトルク感は これぐらいが良いですね
上のログで確認しても 巡航しているときは13.3~14.0くらいになっています
このときの燃費は 満タン法で15km/Lくらいです
その気になれば 20km/L付近も可能ですが 
燃費のために インジェクション仕様にしたわけではありませんので・・・
マップ切り替えで もう少し燃費重視に振った
マップを作って見るのも面白いかも・・・ 

BANDIT1200や このころのバイクは ほとんど2次エアーを導入しています
排気ポートに空気を入れて排気ガスを薄めていいます
セッティング中はこの機能を止めていますが 作動させると 
空燃比でプラス0.8~1.0くらいの値になりますので
理論空燃比14.7:1付近になります

一番使用頻度が多い低負荷(スロットルで0~20%)は 
これで完了の予定です 燃費重視仕様は気が向けば作るかも?

全開領域(75~100%)は セッティング初期に
空燃比で12.0~12.5に合わせています
もちろん、EMSと同様に十分 早いですよ(笑)

残りの領域(20~75%)は 
過去の経験からおおよその数字は 想像できます
現在も その数字で問題なく動いていますが 検証が必要なのも事実です
走りながら 気になれば直すくらいのつもりでおります

今後は 温度にかかわる補正や 加速補正など試します
その気になったら アイドリング回転数のISCバルブでの
クローズドループ制御もするかも・・・です

拍手[5回]

1週間前にも高速道路を走りました
ソフトが強制終了してしまいましたので 再チャレンジです
今回は 東海北陸道 木曽川から美濃まです
LINK_Stormで無事、高速ログは取れましたので後で見ることにします

 

美濃から下道で 関市経由で七宗、美濃加茂とまわって帰ってきました
関と七宗の間で標高280mくらい有ります 気圧補正も確認します
距離にして 140kmです

途中、一休みしたら、赤とんぼが止まりました


周りの景色も 紅葉はもう少し先ですが 秋色が濃くなってきましたよ
 

帰りは、途中の各務ヶ原で一仕事して帰ってきました

ログは後日確認します

拍手[5回]

昨日、実際バイクで比較しました 
乗った印象は まったく変化はありませんでした

乗りながら空燃比計を見ると 数字での違いは出てきます
状況にもよりますが 空燃比で0.5位の違いであれば
乗り味での違いは分からない場合も多いです

さて、今回は私の興味から 机の上のシミュレーター上で
LINK_StormとEMSを 比較して見ることにしました
シミュレーターですから 同じ状況での比較が出来ます

Stormです

セッティングソフトです


EMSです

 同じくセッティングソフトです
 

シミュレーター上での比較は
点火時期は まったく同じと言えますね
燃調はシミュレーターですから 実際に燃焼しているわけではありません
空燃比の比較は出来ませんから 噴射時間で比較します
噴射時間で +-5%くらいの違いは有りますね
当然、燃焼した結果の空燃比も 同じくらいの違いは出てくると思います
ここまでは 走りが変わりませんので想像できます

私が比較したかったところは 
温度補正、加速補正、暖気中などの 補正方法の違いです

特に 温度にかかわるところですね
実際にセッティングしていくと この温度の補正に 悩みます
水冷エンジンならまだしも バイクの空冷や油冷となると・・・
エンジン温度は絶えず変化していますので 大変なんですよ!
正直なところ 完璧には合わせられません・・・
自動車やバイクメーカーのように
一部屋、丸ごと温度が変えられれば何とかなるのかな~・・・
こんな事を考えてもお店のレベルでは不可能ですからね

 
温度補正などは フルコンメーカーによって いろいろ違いが出ています
LINKは温度補正に関して、細かく制御されているようで
EMSより空燃比は 少し安定する傾向に有ります
この部分を比較して 何かヒントが見つかればと思っています

加速補正は・・・ 
EMSは噴射時間を長くする方法ですが 
LINKは このほかに非同期噴射も行なっています

細かいことだと思われるかもしれませんが
私がLINKをテストしてみようと思った理由の一つでも有ります




拍手[4回]

LINK_Stormのセッティングも ほぼ、終了したと思います
何も不自由なく走りますし 燃費も15km/Lくらいになりました
燃費はもう少し細かく煮つめる余地は残っています 
乗っていると 気になるところも出てくると思いますので
その都度 セッティングして 完成になります
おそらく 他の人にこのまま乗っていただいても 何も問題はないと思います!

そんなことで LINK_Stormを外して EMSに戻して見ました
シート上にStormはありません・・・


セッティング画面も見慣れた EMSです


乗って見て
EMSもLINK_Stormも まったく変わりません・・・
空燃比計を見ると 燃調は少し変わりますが 
これなら、ブラインドテストをしても分からないと思います

明日は、机の上でEMSとLINK_Stormを比較してみようと思います

拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
5 9
14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア