/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
XJR1300のツインインジェクター仕様のエンジン始動です

今まで シングルインジェクター仕様で動いていました
インジェクター容量が少し違いますが 経験上・・・ 
基本噴射量の調整で 燃料マップもほぼそのままで  いけるはずです
大雑把に調整して スターターを回したら
あっけなくエンジンは始動して アイドリングしています

暖気状態の調整や 暖気後のアイドリングの燃調など
少し調整して 空吹かしの状況から このまま走行できますよ
今回は 私が試運転する前にオーナーに乗っていただきます


オーナーもシングルスロットルでセッティング経験が有りますので
一通り説明をして 一回りしていただきました
予想したとおり若干薄いようですので セッティング初期には便利な機能
オートチューニングで セッティングを変更します
2~3回繰り返すと ほぼ目標の空燃比になります
後は オーナーに細かく合わせていただきます

まったく走らない状態では オーナーも困るでしょうが
今回のように スロットルの交換だけであれば
大幅にセッティングが変わることもありませんので
このまま 納車させていただきました

これから 良い季節になります 
走りながら 楽しくセッティングしてください!
不明な点は お越しいただければ説明します

装着の具合は 右側


左側


採寸から設計、製作まで苦労されたと思いますが
オーナー自作のインマニは ピッタリ装着できていますよ!

拍手[8回]

今回はスロットルボディーの装着ですが
オーナーが仮付けしていますので 
ご覧のようにスンナリ装着できます
一応、各部のクリアランス確認のために仮に付けてみました・・・
 

このスロットルは GSX-R1000のもので 44Фです
2番、3番の間を広げてピッチをあわせています
これもオーナー自ら加工したものですよ

当社は 配線加工です
インジェクター8本分の配線を加工して 下の写真のように
まとめてカプラーを取り付けます

スロットルのみの脱着も簡単なように スロットルハーネスとして
カプラーを取り付け、別部品になるように 配線を加工します
インジェクターは1気筒あたり2本付いているのが確認できます
 

配線加工も終わりましたので 装着します

燃料ホースやアクセルワイヤー、ファーストアイドルバルブなど
現物あわせで 組み付けます

この後は セッティングソフト上で 設定を変更します
インジェクターの噴射容量が違いますので その調整と
セカンダリーインジェクターの作動タイミング制御マップを作ります
私のBANDIT1200の制御マップをそのままコピーしました

3200rpm、アクセル開度20%くらいから
回転数とエンジン負荷が増えるにしたがって 
セカンダリーインジェクターの噴射割合が増えていき
6000rpm、アクセル開度90%以上でプライマリーインジェクターと
ほぼ同じ噴射量になるように設定しています

今回はついでに 気圧補正も行います
昨年の秋ごろ、私のBANDIT1200でテストして 良い結果が出ています
マップセンサーで大気圧を計測して 補正を掛けます

次回はいよいよ エンジンの始動です

拍手[9回]

今日はインマニの取り付けからです

オーナーが仮付けしていますので ただ、取り付けるだけです
楽チンでいいですね~ 
このインマニを 1から作ろうと思うと大変だと思いますよ!
自分のものだから気合で作ったと言うか
ワンオフで依頼したら とんでもない金額になると思いますよ

ピッタリです
インシュレーターも新品で確認済みです


スロットルを装着する前に・・・
これが 12穴のインジェクターの噴射穴です
小さすぎて見えませんが 霧化特性に優れています
霧化が良い=気化しやすいですからね 大事なことですよ
こちらが ヘッド側で クリーナー側にも 
同じインジェクターが もう1本付いています
アイドリングや低負荷、低回転はこのインジェクターのみで制御
エンジン負荷と回転数でマップを作り そのマップの通り
クリーナー側のインジェクターが 噴射を始めます


こちらが今まで使用してきた 1穴のインジェクターです


一昔前のインジェクターですが これも燃料噴射時に
エアーを混ぜて噴射するような構造になっているらしいです
メーカーは 霧化特性を上げるために苦労していたんですね~

次回は インジェクターの配線加工や実際に装着かな
装着もオーナーが仮付けしていますからね
問題は無いと思いますよ
その後 エンジン始動ですね おそらくすぐ始動できると思います

楽しみですよ!
 

拍手[9回]

先日、シングルインジェクター仕様、42Фのスロットルで
最後の試運転をして データーを取ってきました

このスロットルを外して ツインインジェクター仕様に交換します

オーナー自作のインマニも外します
ご覧お通り 曲がりがきつくオーナーも気にしていました
とりあえず付けて見よう・・・ こんな乗りで作ったインマニでしたから・・・
これでも 問題なくキャブ仕様よりは良く走りましたよ!
でも、気になりますよね!
 

今回、使用するインマニもオーナーの自作ですよ
仕事とはいえ こんな環境がうらやましいですね!
穴は ワイヤーカットで開けたそうです 


裏側から XJR1300のヘッドのポートは細いんですよね!
一番上の写真でも ヘッドのポート穴が
中心より下側にオフセットされているでしょ
この写真で Oリングの溝は ポートにピッタリ合っていて
穴もポートとぴったり合います こんなに細いんですよ~
これを見ると ヘッドのポートを削りたくなりますね・・・
 

まだまだ続きますよ 当分このネタが・・・


拍手[11回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
5 9
14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア