/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
納車させていただいた プジョー106のEMS仕様ですが
エンジンの始動の様子を撮影しておりまして 遅ればせながらアップしました



暖気は終了した状態です 
アクセルは踏まずにクランキングのみで始動します
始動後は 軽くから吹かししています

燃料の制御方法は アルファーNですが・・・
アイドリング付近のみ スピードデンシティーをブレンドしています
アルファーN方式では 電気負荷、エアコンの負荷を
検出することが出来ませんので インマニ内の圧力変動を拾います
これらの負荷で変動するマニホールド負圧で補正します
この部分は もう少し細かな調整が必要になると思います

エンジン始動動画です




拍手[2回]

EMSの装着作業をしておりました プジョー106の納車です

この車両のオーナー、マエカワエンジニアリングさんにお越しいただき
私は助手席で ノートPCを見ながらセッティングです


さすが、二人でのセッティング作業は効率がいいですよ
しかもオーナーさんの運転ですからね!
この回転数付近がおかしいとか、ここは良いとか・・・
感じたことを言っていただきながら モニターを見て
マップのこの場所ですね、もう少し濃くしてみますとか
走りながら マップの値を変更してセッティングしていきます
隣でも 変化を感じ取れますからね 早く、確実にセッティング出来ますよ!

こんなやり取りを行いながら・・・


セッティングは完了です!
長時間乗ると 微調整は必要でしょうが大まかには大丈夫ですね

楽しい車になったと思いますよ!

拍手[5回]

先日から エンジンマネージメントシステムEMSを装着しておりました
プジョー106の試運転が完了しました



エンジンを始動させて アイドリングが可能なところまで
基本噴射量や マップのアイドリング付近の補正値などを調整します
その値を元に 過去の経験からおおよそのマップを書いていきますが
入庫した時、純正ECUで取ったノーマルデーターも参考にします
カラ吹かしなどで様子を見て走れそうであれば
データーロガーを作動させて走ります

そこそこ走れそうであれば・・・ 私の場合はですが・・・
まず、全開走行時の燃調を合わせます
理由は、全開走行で燃調が取れれば その補正値が最大であるはずです
それよりも低い負荷では 最大値以下の数字が入りますし
各回転数領域でのエンジンの欲しがる燃料がおおよそ分かります

試運転ですから 一通り走れるようにセッティングします
実際にはセッティング初期に大変便利な機能 
オートチューニングを使用して セッティングします
10分くらいの走行を3回程度繰り返せば 
そこそこ走行可能な状態まで セッティングが可能です
これ 便利なんですよね!
しかし、この機能はあくまでセッティング初期で使用します
あまり過信してはダメですよ

ノートPCを積んで ログを取りながら走り 
帰社してから データーを確認して変更 これを繰り返します
簡単には 濃いところは薄く 薄いところは濃くするだけです
 
効率よく セッティングする場合は・・・
誰かに運転していただき助手席でPCを見て、走りながら変更します
この方が ずいぶん効率よくセッティング出来ますから

試運転は無事終わりました 
これからもう少し セッティングを煮つめていきます

拍手[4回]

先日から EMSを装着しておりましたプジョー106の 
エンジンが無事始動しました!

左上のメーターがタコメーターで 1078rpmです
 

室内は こんな様子です
EMSの配線と空燃比計イノベートLC-1の配線で このボリュームになります
 

エンジンが始動したと言うだけでして これからが本番です
まずは、エンジンの始動性のチェックやアイドリングの安定性はもちろん
走ることが出来るようにセッティングしなければなりませんから・・・

拍手[6回]

今日も プジョー106のEMSです

アイドリング制御用に 純正では ISCとかIACとか・・・
メーカーによって いろいろな呼び方があるようですが
今回の車両は この機能を作動しないようになっています

と言うことで ソレノイドバルブを使用します
冷間時にバルブをONにして 空気を吸わせて
その分、燃料を入れてアイドリング回転数を上げます
将来的に変更する可能性も有るとの事ですから暫定的な仕様です
暖気終了までですから 大丈夫だと思います
 
今回、使用したソレノイドバルブは・・・
過給圧制御バルブだったような???
流量があまり稼げませんので どこまでアイドリングが上がるか?
一寸 不安が残ります・・・

もう一つは 点火イグナイターです
EMSは直接 イグニッションコイルを駆動できませんので
イグナイターが必要になります
当社では マルチスパークアンプMSAを
イグナイターとして使用します
コイルも 強い火花を飛ばす バイク業界では有名な
ASウオタニ製のイグニッションコイルを使用し 
マルチスパーク仕様で 火花を飛ばします
 
前回の仕様と少し違いますので 新たにEMS専用品として製作しました

これで車両側はほぼ完成ですので 次回は、いよいよエンジンを始動させます



 



拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
3 4
9 11
17 18
22 24 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア