/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
SEADOOのEMS装着で ずいぶん悩んでいます・・・

これの陰に隠れていますが 
カワサキSX-R用EMSのレース用スペアー部品の製作も依頼されておりまして
こちらも途中でストップしておりました
そこで 今日はSX-R用EMSを仕上げます

製作したものこれだけです



EMS本体(ジェットスキー用防水仕様)と 専用リレーBOX、
MSA仕様のイグナイター、純正ハーネスをEMS用に加工します

肝心なボートはありませんので 作動確認は机の上でで行います
PCを接続して パルス発生器で回転信号を作り 
各センサーの電圧とか抵抗値をセンサーの代わりに入力して確認します
すべて 大丈夫でした!

その他、注文品の最終仕上げをして荷作りです

これで1日が終了します
明日も ガンバリマスよ!

拍手[5回]

今日は SX-RのEMS用ワイヤーハーネスの製作です

昨日、皮むきは行いました 今日は、一気に仕上げます!


資料を見ながら 使う配線、使わない配線を分けてと・・・


純正のECUカプラーは最後は切り落とします
当初は EMSも純正カプラーを使用してカプラーONで
取り付け完了できるようにと思っておりましたが
純正カプラーの腐食なども起こるとのことで 
汎用の防水カプラーで接続する方法としました

この方法なら 汎用カプラー内の端子の交換だけで済みますから!
そのため配線は長めに設定してあります
おそらく2~3回端子交換しても大丈夫だと思います


チャックはしておりませんが 結線は完了です
この後 再確認して通電テストを行います
それから 配線保護剤を追加して完成とします


後は MSA仕様のイグナイターを作らなきゃ・・・

拍手[4回]

久し振りに kawasaki_JETSKI_1500SX-RのEMSのネタです

一昔前のジェットスキーは2気筒 もしくは3気筒の2ストロークエンジン、
点火装置はCDIがほとんどで、燃料供給はキャブレターでした

しかし、今時のジェットスキーはインジェクションが当たり前です
電気仕掛けになって 陸の乗り物と同じように細かな制御になり
燃費やパワー、レスポンスも良くなりました
1500SX-Rもノーマルで 150馬力ほど有ります

しかし、ジェットスキーは水の上で使用します 
特に海水は錆びの原因にもなるし、電気も通すんですよね・・・
エンジンルームの中にも 水は必ず入ります
エンジンが有ることで 温度も高くなります
湿度は・・・ 100%なのかな?

こんな過酷な場所にエンジンやECUなどの電装品をすべて詰め込んでいますので 
電気関連のトラブルの可能性も高くなります
当然、カプラーは防水カプラーを使用していますが
カプラーを抜いて端子を見ると腐食していたりもします
カプラー側が腐食となれば 相手の機器側も同じことが言えます
定期的な点検が必要ではないでしょうか
端子の腐食等での接触不良は 症状が安定せず分かりにくいですよ
迷宮入りしそうです・・・

そんなことで 今回、当社のエンジンマネーメントシステムEMSで
レースに参戦されている クレージーハウスさんから
スペアーのエンジンハーネスの製作を頼まれました
先日、時間が有るときに 加工にすぐかかれるように 純正ハーネスの
保護材やテープを 剥がして準備はしておきました・・・ 
ここからの作業は 途中で中止したくはありませんので 一気に仕上げます!


間違えないように 純正ECUのカプラー付近で切断して
EMS用に結線の変更や増設 その都度、防水処理などを行なって
配線保護材をどこに入れる、先に通すとかを考えてカプラーをつけます

これでスペアーハーネスは完成です



拍手[6回]

カワサキのジェットスキー1500SX-R用EMSは完成しました

配線加工は終了しましたが ジェットスキーは入庫していません
作動確認は シミュレーションで行なうことにしました

全体は こんな状態です・・・

机の上では狭すぎますので 地面に置いて実施しています
テスターで結線状態(導通)などをチェックして 
はっきり言って グチャグチャですね・・・

パルス発生器で エンジンが回っていることにします
インジェクターや 点火信号をオシロで確認したり・・・
PC上でも 確認します
 
異常なく結線とシミュレーション終了で 完成しました

当社の仕事はここまでです

拍手[3回]

SX-Rのハーネス加工も終盤です

不要な配線は 短くして防水処理をして
邪魔にならないところへ 入れておきます
必要な配線は カプラーをつけるために まとめて・・・
追加の配線も入れて 保護チューブを被せます


この後、カプラー端子を付けて完成となります

本来ならば 実際にエンジンを始動して作動確認を行いますが
今回はハーネスだけです
通電チェックはもちろんですが・・・ 
何か作動確認をする方法を考えます

拍手[3回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア