/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今年の初めに ファクトリーまめしばさんから
面白いスパークプラグがあるとのことで紹介いただきました

商品名は ブリスクスパークプラグですね


私も購入して 机の上やBANDIT1200に装着して
短時間ではありますがテストしてみました
そのときの記事はこちら↓です
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Category/45/

短時間のテストでも効果は確認できましたし
面白いプラグだと思いますよ!
記事を書いたときは 問い合わせもいただきましたが・・・
今まで、購入しようと思っても
日本国内での入手性が悪かったのも事実です

今回、ファクトリーまめしばさんが正規輸入販売店として
価格もヨーロッパや米国の標準価格での販売されるとこことです
ファクトリーまめしばさんのブログで
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-2566.html

プラグの種類は限定されると思いますが
これで日本でも簡単に入手できると思います

私も 時間が有るときにいろいろテストしてみるつもりです



拍手[6回]

今日は、朝1番で・・・ 
昨日は日没で完成したGT-Rの試運転を行っておりませんので 一っ走りしてきました
速いですね~ この手の車は久々ですからね!
乗るたびに 20年前の車とは思えません 今でも十分、楽しめます!
ドアを開けたまま作業していましたので 念のためバッテリーを充電して・・・

後は お客さんの渡すだけです

時間が出来ましたので 今年の初めにBANDIT1200に装着した 
ブリスク スパークプラグの状態はどんなものかと思い外してみました


以前、使用していた NGKのイリジュームプラグと比較です
街中を走ったままの 焼け具合です
綺麗に焼けていますね 熱価はNGKの8番と同じくらいかな?

なかなか、プラグの違いをテストできませんでしたので
今日、途中で交換してテストしようと思いまして 
NGKイリジュームを装着して 試運転に出たら肩の痛みがひどくなっています・・・
とても バイクに乗っていられません!

これはまずいですね~
明日は定休日ですから 医者に行ったほうが良さそうです・・・

拍手[5回]

同じような 沿面放電プラグの比較です

今回は動画を撮りました
 
沿面放電プラグどうしは 見た感じ、同じように見えます
一般的なプラグとは ずいぶん火花は長く見えますよ

本当なら 加圧状態で試したいのですが・・・
装置が大掛かりになりますからね でも試してみたいです
機会があれば 考えるかな???
 

拍手[8回]

ブリスクスパークプラグが来ましたので 早速、テストしてみました!

まずは 電極の写真です
中心電極が 真ん中に無いのはご愛嬌かな?


机の上の放電テストです
下はNGKのイリジュームプラグです

エアーギャップが広いので 放電の音も大きいです

コイルによっても変わると思いますが・・・ 
電源電圧を5Vまで下げてテストしました 
両方とも大気圧では 何とか放電していましたが ずいぶん細い火花です
おそらく圧縮状態では 飛ばないと思います

早速、BANDIT1200に付けて・・・
まずは 外したスパークプラグで NGKのイリジュームです


5kmほど走ってきました・・・
ログもとりました まだ、見ていませんがログでは
明確な違いは分からないと思います


走行後のプラグです
5kmではね~ でも、良く焼けていますね!


今回は暖気終了で走り出しました
試運転の途中、高回転まで全開で回しました 伸びますね 確かに良いかも!

仕事中に出かけましたので 詳細なインプレは休みに走ってからですね

拍手[12回]

大晦日にテストする予定だった沿面放電プラグですが
エンジンの始動不良で20分くらいのテスト走行に終わってしまいました
日を改めて このプラグのテストは行なうつもりですので
今回は 簡単なインプレです

まずは 私のバイクに付けて2回、合計20kmくらい走行したプラグです
 
  普通に走っただけです 回しても5000rpmくらいまですね
お借りした状態は熱価高すぎるような焼け具合でしたが 今回は綺麗に焼けています
このプラグの正確な熱価は分かりません 

前回は 通常走行時のエンジン温度に上がる前に戻ってきました
エンジンが冷えているときでも このプラグの着火性は良いようです
走りが滑らかになったことは分かりました

今回は 暖気終了後で短時間のテストとなりましたが
その中で一番違いが分かったところは・・・
故意に 低回転時にアクセルを急開したときです
このようなアクセルワークは まず、行ないませんが
インジェクション仕様とはいえ スロットル口径が44Фもあります
加速増量をしていますが どうしても限界がありますので
アクセルを急開すれば 一瞬、息継ぎします
この度合いがずいぶん減っています 
一番感じたことは ここですね!
このようなことから想像すると・・・
空燃比が 濃いところまたは薄いところでの効果を期待できると思います

ログも取りましたが
今回のログには 明確に違いは現れませんね
 
アクセルを急開した所も見ましたが 
短い時間ですので 空燃比の変化には現れていません
ロガーと空燃比計のサンプリング時間や 
排気流速が遅い低回転での空燃比表示の遅れなどで 確認は難しいですね

やはり距離をの伸ばしての確認が必要だと感じました

新品のプラグを手配しましたので 届き次第テストしてみます

拍手[5回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 5 6 7
11 12 13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア