/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
BRISKスパークプラグを取り扱いしておられます
ファクトリーまめしばさんでは 
現在、LGSとZC/ZSの2種類の販売をされています
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/

ファクトリーまめしばさんでは
車種をはじめ、TCI、CDI点火方式や純正、社外点火装置などで
LGSまたはZC/ZSのどちらがマッチするのかなどの
データー収集も精力的に行っていらっしゃいます

先日、当社からLGSタイプを注文をしたときに・・・
「その車種ならLGSよりZC/ZSが適している」とアドバイスを頂ました

そんなことでブリスクZCタイプに変更して早々に入荷しました
この機会に、LGSとZCとで スパークテストを行って見ました

当社では、スパークテストは ありふれた光景ですが
ZCのスパークは初めて見ます 
不思議な飛び方ですね・・・ 3段くらいに分けて飛んでいるのかな?

LGSは 私もBANDIT1200に使用しています 
エアーギャップが広いので その分、長い火花を飛ばします


いつものように オシロスコープで見てみましょう
波形は イグニッションコイルの1次側の電圧です
上側の紫色の波形がLGSで 下側の緑がZCです

誘導放電時間の比較では 
LGSが1.8ms、ZCが1.3msとLGSのほうが長いです
このときの電圧は LGSよりZCのほうが高いですね
当初の予想では逆のような気がしていましたが
結果は結果ですから・・・ 
 
 

以前、NGKイリジュームプラグと BRISK_LGSとの比較を
私ののBANDIT1200で行ったことが有りました
このときは LGSが短く高く飛んでいました
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1690/

あくまで大気圧状態でのテストですが 違いは確認できます
本来なら エンジンと同じように 圧縮状態(高圧)での放電テストをすれば
何か新しい発見もあるかもしれませんね
放電は圧力が高ければ高いほど飛びにくくなりますから・・・

こんなテストをして 走りにどのような影響が出るか・・・? 
私には分かりません 実際に試して見るのが一番です

私の好奇心からテストして見ました・・・



拍手[11回]

現行のロードスターND5に ブリスクスパークプラグを付けました


この車両は V-UP16、MSA、レデューサーを取り付けた車両です
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1634/
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1604/
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1602/


今回は ブリスクスパークプラグの噂を聞きつけて取り付けたいと!
と言うことで 
早速、ファクトリーまめしばさんへ 手配しました


スパークプラグの交換ですからね
あっという間に完了です
外したプラグは マツダ純正です 電極を見るとイリジュームみたいです
当たり前ですが綺麗にやけていますよ!
エアーギャップが広いのは オーナーさんが広げましたので・・・
 

当社の周りを ひと回りした感想は・・・
低速トルクが増えましたの一言 ずいぶん変わったそうですよ
ズボラな運転をしても大丈夫だそうです(笑)


拍手[5回]

今日は 久しぶりのブリスクスパークプラグのネタです

今日は MSAのテストでBANDIT1200を使って
オシロスコープを接続して いろいろと調べておりました
一通りテストも終了して 試運転から帰って・・・
そういえば ブリスクプラグとイリジュームプラグの
コイル1次電圧の波形を比較してみようと思ったわけです

比較しやすいように マルチスパーク仕様はやめにして
標準のシングルスパーク仕様で比較します


私が使用しているブリスクスパークプラグは LGSタイプです
走行距離で 5000kmくらいかな 焼けも綺麗です
 

早速、テストしてみます

NGKのイリジュームプラグです ↓
 

ブリスクLGSプラグです ↓


テストの方法は 私のBANDIT1200で 
1,4番は NGKイリジューム
2,3番は ブリスクLGS
コイルは ASウオタニ、通電時間は3msです
プラグ以外は まったく同じ条件です

比較してみると・・・
ブリスクは 火花が飛んでいる時間(誘導放電時間)が短いです
850uSくらいでしょうか 
それに比べて イリジュームは 1.3mSくらいです
イリジュームの方が長く飛んでいますね
しかし、誘導放電中の電圧は ブリスクのほうが高いですね

コイルは同じですから放電のエネルギーも同じと考えて・・・
高く短く飛ばすか 低く長く飛ばすかと言うことですね

この先は いろんな条件で変わってきます
興味がある方は 
デンソースパークプラグのページで説明されていますので
そちらをご覧ください
http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/basic/spark/
http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/basic/spark/condition.html











拍手[9回]

ブリスクLGS  スパークプラグを使い始めてから 約1年です
このプラグを知ったのは・・・
ファクトリーまめしばさんから 「面白いプラグがあるよ!」
と紹介していただきました
ファクトリーまめしばさんの記事は こちら↓
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-108.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-111.html

V-UP16やMSAを作っていますので興味が無いわけありません
早速、入手して試してみました
いろいろとテストして 記事を書いたつもりでしたが
最初のころ 書いただけで ほぼ放置状態となっています
おそらくこのプラグに慣れてしまった この状態があたりまえ・・・

と言うことで・・・ 
以前使用していたイリジュームプラグと交換してテストしてみました


まずは イリジュームプラグで・・・
エンジン温度5度で 始動して暖気を始めます
始動状況や暖気中の様子などは 変わらないようです
データーロガーで 以前、取ったログと比べても
明らかに変化があるようなところは有りません

一寸、寒いですが試運転に出かけます


パソコンをセットしてロガーONで走ります


今日は まずイリジュームプラグで暖気します
暖気終了のエンジン温度65度で 試運転に出かけました

その後帰社して プラグをブリスク_LGSに交換して
同じようにエンジン温度65度まで上げてから試運転に出ました

試運転では 出来るだけ同じような走りをして 
データーロガーのログデーターを比較してみます
暖気中も走行中も 違いが出るとすれば
空燃比だと思いますので重点的に見てみますが 
データー上では明確に違いを確認することは出来ませんでした

しかし、走ってみると違いは有るんですよね!
何だろ~・・・と 考えてみるとデーターでは
振動、滑らかさは出てきません 
このような部分が違うんですよね!
乗っていて重要な部分でも有ります

私のBANDIT1200の場合は
加速も減速もしない 一定速度で流しているだけ・・・
このような状況の時の空燃比は 理論空燃比14.7:1付近に
2次エアーを無しで セッティングしています 
 
ここからアクセルを少し開けて加速・・・
このときの滑らかさが はっきり違います

少しアクセルを開けるだけですから 加速補正は掛かりません
空燃比は 薄くなる方向になります
ログでは 短時間ですが空燃比が15.5~16.0位になります
このような状況の時に違いが出やすいようです

今回のテストでは 
燃調が若干薄い状況(空燃比で15.5~16.0)において
イリジュームプラグより ブリスクLGSの方が
着火性能が高いと想像できます
イリジュームプラグでも 完全に失火しているわけでもなく
火種が小さく 燃えるのに時間が掛かっているとか?
何か原因はあると思います

限度はあると思いますが・・・
濃すぎるとか薄すぎる混合気=着火しにくい混合気
このような混合気でも ブリスク_LGSの着火性能は高いと思われます
これは燃料のセッティングの幅も広がると 想像出来ますね

スパークプラグは 消耗品ですからね
一度、使ってみたらいかがでしょう 
価格も イリジュームプラグとさほど変わらないようですから・・・






拍手[9回]

今年の初めに ファクトリーまめしばさんから
面白いスパークプラグがあるとのことで紹介いただきました

商品名は ブリスクスパークプラグですね


私も購入して 机の上やBANDIT1200に装着して
短時間ではありますがテストしてみました
そのときの記事はこちら↓です
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Category/45/

短時間のテストでも効果は確認できましたし
面白いプラグだと思いますよ!
記事を書いたときは 問い合わせもいただきましたが・・・
今まで、購入しようと思っても
日本国内での入手性が悪かったのも事実です

今回、ファクトリーまめしばさんが正規輸入販売店として
価格もヨーロッパや米国の標準価格での販売されるとこことです
ファクトリーまめしばさんのブログで
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-2566.html

プラグの種類は限定されると思いますが
これで日本でも簡単に入手できると思います

私も 時間が有るときにいろいろテストしてみるつもりです



拍手[6回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
3 4
9 11
17 18
22 24 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア