/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
今回はセローのスパークプラグを交換します

私のセローはEMS仕様でコイルはASウオタニ製です
これを MSA仕様のEMS専用イグナイターでマルチスパークさせています
スパークプラグは 車両購入時にはイリジュームプラグがついていました

今回、BRISKスパークプラグをテストします
ブリスクプラグは LGSとZCの2種類ありますが どちらにするか?
私は迷いませんよ いつも両方購入しますからね!
今回も ファクトリーまめしばさんから LGSとZCを購入しました

左から LGS、ZC、イリジュームです

BANDIT1200も LGSとZCの2種類、購入してテストしています
このプラグは面白いですよ LGSとZCで乗り味が変わりますからね~
予算が許せば 両方試してみることをお勧めします
このブリスクスパークプラグは私も興味がありましたので
このブログでカテゴリーを設けて紹介しております
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Category/45/
いろいろテストしておりますので 興味があれば見てください

私の中で このセローのイメージは・・・
ガンガンエンジンを回して走るイメージではありません
トコトコと走って 早めのシフトアップですが
アクセルは排気量が250ccですから それなりに開けることになります
こんなイメージです 
セッティングも このようなイメージを重視しています

ブリスクスパークプラグは BANDIT1200で使用したとき
一言で ZCが街乗り(低中速が良くなる) 
LGSは アクセル開けて元気よく走る時!
私の中ではこんなイイメージでした

さて、セローでのインプレです
私個人としては LGSが好みかな~ こんな印象です
セローの場合 発進して、アクセルをグイっと開けて どんどんシフトアップ
このような状況で ログを見ると・・・
早めのシフトアップと私は感じていますが 
回転数は5000rpmは回っています アクセル開度も50%くらいです
前の車に付いて加速 このような場合でも 
結構、元気のよい乗り方になっています
ZCも悪いわけではありませんが
アクセルを大きく開けて 3000rpmくらいからの加速
この部分が LGSの方が良い印象です

セローの場合は250ccですからね 
BANDIT1200とは比較になりませんが・・・
同じ街中を走るにしても回転数も高く アクセル開度も大きくなりますので
このように感じるのかも分かりませんね~

これは私のセローでの場合です
ノーマルのECU、イグナイター、コイルだと
火花が飛んでいる時間が 私のセローの半分ですので
別のインプレになるかもわかりませんね~

過去のブリスクプラグの単体テストで LGSとZCとの比較では・・・
ZCの方が LGSより火花が飛ぶ時間は短く 飛んでいる電圧は高い
このような結果でした 
ウオタニコイルの半分のスパーク時間のノーマル点火装置との相性は
ZCの方が良いのかも? こんな想像もできます
機会があれば ノーマルコイル、マルチスパーク無しの状況で
LGSとZCで比較してみてもと思います 

拍手[4回]

内職にもあきたので BRISKスパークプラグで遊んでみました

丁度、2年前かな・・ ファクトリーまめしばさん から
面白いスパークプラグがあると 紹介していただきました
V-UP16やMSAを作っていますので 早速、取り寄せてテストしました
このころから BANDIT1200はブリスクスパークプラグを使用しています
当初は、LGSタイプを使用し、標準プラグやイリジュームプラグと
比較しながら テストしてきました 
夏くらいからは ZCタイプを使用しています

今回、久し振りにZCからLGSタイプに交換して見ました


LGSからZCに交換したときは 街中ならZCの方が良さそうな・・・
このような印象だたっと思います
今回はその逆で ZCからLGSへの交換です
ZCで 会社の周りを一回りして LGSに交換て出かけます

アクセルを開け開けで走るとLGSの方が元気が有ります
これはこれで 面白いですよ、しばらくLGSで乗ることにします!

しかし、不思議なプラグですね~
標準プラグやイリジュームと比べると 明らかに違いが有ります
LGSとZCでも乗り味が変わりますので・・・

ついでに 掃除をしてスパークテストして見ました
シャッタースピード1/15で撮影しました
ZCです


LGSです
 

予算が許せば、2種類購入して試して見ることをお勧めします
十分、楽しめます・・・(笑)

拍手[7回]

今日はブリスクスパークプラグです

装着は少し前になります
今回は ZCと言うタイプを使って見ました
 

ファクトリーまめしばさんで BRISKスパークプラグは 
LGSとZCと2種類、取り扱われています
以前はLGSタイプを使用しておりましたが 
当然のことながら ZCも試したくなりますよね!
   

と言うことで 今回は ZCをテストして見ました

焼けは きれいですね 標準プラグからの交換ですが 
低回転が滑らかというか 力が強いというか・・・
標準プラグとは明らかに違います
LGSも良いのですが 街中で使うならZCかな?
私の感想は このように感じました! 


拍手[6回]

BRISKスパークプラグを取り扱いしておられます
ファクトリーまめしばさんでは 
現在、LGSとZC/ZSの2種類の販売をされています
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/

ファクトリーまめしばさんでは
車種をはじめ、TCI、CDI点火方式や純正、社外点火装置などで
LGSまたはZC/ZSのどちらがマッチするのかなどの
データー収集も精力的に行っていらっしゃいます

先日、当社からLGSタイプを注文をしたときに・・・
「その車種ならLGSよりZC/ZSが適している」とアドバイスを頂ました

そんなことでブリスクZCタイプに変更して早々に入荷しました
この機会に、LGSとZCとで スパークテストを行って見ました

当社では、スパークテストは ありふれた光景ですが
ZCのスパークは初めて見ます 
不思議な飛び方ですね・・・ 3段くらいに分けて飛んでいるのかな?

LGSは 私もBANDIT1200に使用しています 
エアーギャップが広いので その分、長い火花を飛ばします


いつものように オシロスコープで見てみましょう
波形は イグニッションコイルの1次側の電圧です
上側の紫色の波形がLGSで 下側の緑がZCです

誘導放電時間の比較では 
LGSが1.8ms、ZCが1.3msとLGSのほうが長いです
このときの電圧は LGSよりZCのほうが高いですね
当初の予想では逆のような気がしていましたが
結果は結果ですから・・・ 
 
 

以前、NGKイリジュームプラグと BRISK_LGSとの比較を
私ののBANDIT1200で行ったことが有りました
このときは LGSが短く高く飛んでいました
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1690/

あくまで大気圧状態でのテストですが 違いは確認できます
本来なら エンジンと同じように 圧縮状態(高圧)での放電テストをすれば
何か新しい発見もあるかもしれませんね
放電は圧力が高ければ高いほど飛びにくくなりますから・・・

こんなテストをして 走りにどのような影響が出るか・・・? 
私には分かりません 実際に試して見るのが一番です

私の好奇心からテストして見ました・・・



拍手[12回]

現行のロードスターND5に ブリスクスパークプラグを付けました


この車両は V-UP16、MSA、レデューサーを取り付けた車両です
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1634/
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1604/
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1602/


今回は ブリスクスパークプラグの噂を聞きつけて取り付けたいと!
と言うことで 
早速、ファクトリーまめしばさんへ 手配しました


スパークプラグの交換ですからね
あっという間に完了です
外したプラグは マツダ純正です 電極を見るとイリジュームみたいです
当たり前ですが綺麗にやけていますよ!
エアーギャップが広いのは オーナーさんが広げましたので・・・
 

当社の周りを ひと回りした感想は・・・
低速トルクが増えましたの一言 ずいぶん変わったそうですよ
ズボラな運転をしても大丈夫だそうです(笑)


拍手[6回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
16
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア