/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
昨日は 好い天気でした

 
先日から作業しておりました 
2000年、XJR1300のインジェクション仕様は
昨日、納車させていただきました

オーナーさんに機能の説明や セッティングのアドバイス
データーロガーの使い方等 いろいろと説明させていただきました
この説明や 試運転を繰り返して ほぼ、1日かかります

オーナーさん自らノートパソコンを使っていただき
セッティングをしていただいております

セッティングを変更すると 走りも変わりますからね
楽しいと思いますよ!

試運転に出かけるオーナーさんの 動画です


今日、1日お疲れ様でした
これから 十分楽しんでください!

オーナーさんの自宅は 当社から10分くらいのところですから
不明な点など有れば いつでもお越しください
しっかりアドバイスさせていただきます!





拍手[5回]

2000年、XJR1300のインジェクション仕様 完成ですよ

今日、天気が持ちましたので 細かな調整を少し・・・

乗りやすいバイクですね
アイドリングくらいからでも アクセルを開ければ加速しますし・・・
レスポンスも高回転の伸びも良いですよ!

ただ少し問題も出てきました アイドリングのみですが
エンジン温度による 空燃比の変動が大きいですね
空冷ですから エンジン温度の変動は 大きいことは分かりますが
それに伴って 空燃比も大きく動きます
試しに噴射時間変動しないようにしてエンジン温度を上げていくと 
空燃比が どんどん濃くなっていきます
高い温度で燃調を合わせると 低いときに薄すぎてエンジンが止まります
温度で補正を掛けることも可能ですが 空冷ですからね~
この季節は大丈夫でも 寒いときとか、雨の日とか
エンジン温度が変化することは十分考えられますから・・・

先日まで作業していた 同じ空冷のZ750GPや
油冷の私のBANDIT1200は ここまでの変動はありません
 
少し、濃い状態では問題はありませんしアイドリングのみですから・・・
他に 要因があるとすると・・・結果から想像ですが 
温度上昇による充填効率の低下が思い浮かびますね

エンストするわけでもなく 走りに問題も有りませんから
しばらく様子を見ていただくことにします

今日は このような温度にかかわることや
マップ切り替えスイッチの機能、燃調調整ダイヤルが正常に作動するかとか
オートチューニングが問題なく動くか、細かいテストをして終了です

この状態で、どなたが乗っても普通に走るレベルには
セッティングは完了していると思います
前回も書きましたが ここからのセッティングはお客様にお任せします
セッティングを変更してどのように変化するのかとか
ご自身で体感していただきます
そのため セッティングの余地は十分残しています(笑)
是非、セッティングを楽しんでください
そして 自分の乗りやすいバイクに仕上げてください!  

XJR1300インジェクション仕様は 今週末、納車の予定です


拍手[4回]

2000年、XJR1300のインジェクション仕様も そろそろ完成です
明日からは 天候がよろしくないとの予報ですからね
今日中に、ゴソゴソ調整してしております
 
実は 土曜日にオーナーさんに試乗していただきました
ただ、土日はZ750GPの納車と重なりまして こちらで手一杯でして
私が試運転した状態での試乗となったのですが
十分速い、レスポンスも良いとのインプレでした
しかし、全般に燃調が濃い状況でしたので 少し調整します
と、言っても流して走っているところとか 加速状況とか・・・です

エンジンマネージメントシステムEMSの当社の販売方針ですが
現在、EMSのみの販売は行っておりません!
取り付け、作動確認、エンジンの始動まで行い
その後、おおよそ走ることができるでまでです

 
 
細かなセッティングは オーナーさんに行っていただきます!

今週末、納車の予定です




 


拍手[4回]

先日から作業しておりました 
2000年のXJR1300、インジェクション仕様の試運転が完了しました!


まだまだ、燃料のセッティングは必要ですが普通に走りますよ
 

今回 XJR1300に使用したスロットルは
インジェクターも含めて 私のBANDIT1200とまったく同じです
排気量も大きな差は有りませんので 
ひとまず、私のBANDIT1200の燃料セッティングデーターを
そのまま使用してエンジンを始動させました
アイドリング付近は 少し濃いようですので 薄くして
カラ吹かしも問題なく吹き上がります
走れそうでしたので データーロガーでデーターをとりながら
試運転してきました

問題なく 普通に走りますよ
アクセルを開けてみましたが よく走りますね!
レスポンスも 良すぎるくらいですので 
少し、鈍くするかな??? なんて思うほどです
2000rpm以下でも ギクシャクすることも無く
このままのセッティングでも 問題ないくらいです
 
キャブ口径は 37Фで 今回のスロットルは42Фです
これ位の口径でも まったく問題は無いと思います

2000年のXJR1300のキャブ仕様は
インシュレーターの出口口径が30Фと 特に小さいですね
ヘッドのポートよりも小さいくらいです
今回、オーナーさんが 自らスペーサーを製作、
インシュレーター内径も比較的大きなものを使用されて
徐々に 小さくなるように加工されました
これも 最大出力、レスポンスUPには有利だと思います

試運転にしては 上出来ですよ!

もう少し データーロガーで拾ったデーターを見ながら
細かなセッティングを見直して見ます


 



拍手[6回]

まだまだ、セッティングが必要ですが ひとまずエンジンは始動しました!

まず、動画で・・・
 
インジェクションは やっぱりセルのみの始動で行きたいですね!


スロットルのバランス調整やスロットルポジションの調整など
一通り済ませて 何とかエンジンの始動までこぎつけました

今回は スロットル、インジェクターも私のBANDIT1200と
同じですし、排気量も似ているから BANDIT1200のセッティングデーターを 
ひとまず コピーして若干の調整でエンジンを始動させました 
カラ吹かしも それなりに吹き上がりますね
このまま走れそうな感じですよ・・・(笑)

 
後は 細かな調整をして 後日、試運転します

オーナーさんは もちろん楽しみでしょうが
私も楽しみですね!

拍手[7回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 7
12
20 21
27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア