/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今日、2000年XJR1300のインジェクション仕様を製作させていただいた
お客様がバイクでお見えになりました

 

何、不自由なく乗っておられるようです
セッティングも サイドバックにパソコンを積んで進んでいるようです


このお客様は 現在はGSX-R1000_K0のシングルインジェクターですが
ツインインジェクターのスロットルも入手済みでして・・・
いずれアダプターを作り 私のBANDITと同じような
ツインインジェクターのスロットルになると思います


楽しくなると思いますよ!

拍手[6回]

先日、エンジンマネージメントシステムEMSを装着した
XJR1300の温度補正の調整の続きです

暖気が終了して 暖気補正が解除されてからの
エンジン温度による 空燃比補正です

今まで バイクのインジェクション仕様の製作は 合計3台です
私のBNNDIT1200、Z750GP、そして このXJR1300です
暖気終了後のエンジン温度上昇で
アイドリングのみ空燃比が濃くなる症状は 
このXJR1300がとく影響がに大きいいです
エンジン温度70度と120度では 空燃比で1.0ほど濃くなります
他の2台はと言うと 
このような傾向は有りますが 空燃比で0.2~0.3くらいです

暖気は終了しています エンジン温度も70度以上です
しかも、アイドリングですから 気化する時間も十分あります
気化の遅れは無いものと考えています
アイドリングのような スロットルバタフライが閉じて
吸入空気量が少ないときは 吸気ポート内の流速も遅く
滞留している時間も長いため ポート壁面の温度=エンジン温度の
影響が大きいためと予想しています
スロットルが開いて 空気量が増えれば流速が上がります
滞留時間も少なくなり ポート内壁の影響は受けにくくなります
また、燃料の噴射量も増えて燃料気化熱で冷やす効果も期待できます
理由は おそらくこれだと思いますが・・・
スロットルや ピッチ変換スペーサー、ポートなどでの対策は
現実的では有りませんので フルコン側の設定を変えて対策します

このEMSには吸入空気量によって どれぐらい温度補正を掛けるか
このような設定をすることが出来ますので 
これを設定を使って 行いました
ただ、あまり補正を強くすると ほんの少しアクセルを開けたとき・・・
具体的には スタート時に2000rpmくらいまで回転を上げるときの
レスポンスの低下、トルク不足が発生しますので
ほどほどにしておきました

下のログは 見にくいですが・・・
冷えた状態からエンジン温度で110度くらいまでのログです

左から 右端の終わりまで10分くらいです
最後にカラ吹かししていますが それまでは放置した状態です
上段の黄が回転数
中段の赤が温度補正係数 白が空燃比
下段の白がエンジン温度、赤が吸気温度
エンジン温度 100度でアイドリング空燃比13.5付近です

これ以上薄くすると・・・
スロットル口径42Фでサブスロットルも無いスロットルボディーです
アイドリングからのレスポンスが悪くなり 気持ちよくありません
スロットルワークを丁寧に行えば問題はありませんが・・・
今回のセッティングでは 気持ちよさを優先させました!
後は オーナーさんに乗って評価していただきます





拍手[6回]

先日、エンジンマネージメントシステムEMSを装着した
XJR1300の温度補正の調整です

このXJR1300はインジェクション仕様にしたとき
エンジン温度による空燃比の変動が大きく
しばらく様子を見ていただいておりました

時間が出来ましたので 先日、車両をお預かりして
エンジン温度での空燃比補正を行いました

まずは コールドスタートの動画です
外気温が30度弱有りますから コールドスタートとは
言えないかもしれませんが 完全に冷えた状態からの
エンジンスタートです
特に問題が有ったわけでもありませんが 今回、再調整しました
セルのみでエンジンは始動して そのまま放置すれば暖気終了です


今回の設定は エンジン温度70度で暖気終了と設定しています
もちろんエンジン温度が70度以下の暖気中でも走行には問題ありませんが 
冷えているときのアイドルアップとの兼ね合いで 
このような設定にしています

暖気終了後 エンジン温度上昇で アイドリング時のみですが
空燃比が濃くなる症状も 今回、改善する予定です

エンジンマネージメントシステムEMSの詳細は・・・
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/syouhin/EMS/ems.html





拍手[3回]

昨日は 好い天気でした

 
先日から作業しておりました 
2000年、XJR1300のインジェクション仕様は
昨日、納車させていただきました

オーナーさんに機能の説明や セッティングのアドバイス
データーロガーの使い方等 いろいろと説明させていただきました
この説明や 試運転を繰り返して ほぼ、1日かかります

オーナーさん自らノートパソコンを使っていただき
セッティングをしていただいております

セッティングを変更すると 走りも変わりますからね
楽しいと思いますよ!

試運転に出かけるオーナーさんの 動画です


今日、1日お疲れ様でした
これから 十分楽しんでください!

オーナーさんの自宅は 当社から10分くらいのところですから
不明な点など有れば いつでもお越しください
しっかりアドバイスさせていただきます!





拍手[5回]

2000年、XJR1300のインジェクション仕様 完成ですよ

今日、天気が持ちましたので 細かな調整を少し・・・

乗りやすいバイクですね
アイドリングくらいからでも アクセルを開ければ加速しますし・・・
レスポンスも高回転の伸びも良いですよ!

ただ少し問題も出てきました アイドリングのみですが
エンジン温度による 空燃比の変動が大きいですね
空冷ですから エンジン温度の変動は 大きいことは分かりますが
それに伴って 空燃比も大きく動きます
試しに噴射時間変動しないようにしてエンジン温度を上げていくと 
空燃比が どんどん濃くなっていきます
高い温度で燃調を合わせると 低いときに薄すぎてエンジンが止まります
温度で補正を掛けることも可能ですが 空冷ですからね~
この季節は大丈夫でも 寒いときとか、雨の日とか
エンジン温度が変化することは十分考えられますから・・・

先日まで作業していた 同じ空冷のZ750GPや
油冷の私のBANDIT1200は ここまでの変動はありません
 
少し、濃い状態では問題はありませんしアイドリングのみですから・・・
他に 要因があるとすると・・・結果から想像ですが 
温度上昇による充填効率の低下が思い浮かびますね

エンストするわけでもなく 走りに問題も有りませんから
しばらく様子を見ていただくことにします

今日は このような温度にかかわることや
マップ切り替えスイッチの機能、燃調調整ダイヤルが正常に作動するかとか
オートチューニングが問題なく動くか、細かいテストをして終了です

この状態で、どなたが乗っても普通に走るレベルには
セッティングは完了していると思います
前回も書きましたが ここからのセッティングはお客様にお任せします
セッティングを変更してどのように変化するのかとか
ご自身で体感していただきます
そのため セッティングの余地は十分残しています(笑)
是非、セッティングを楽しんでください
そして 自分の乗りやすいバイクに仕上げてください!  

XJR1300インジェクション仕様は 今週末、納車の予定です


拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
7 10 12
17 18
24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア