/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
今日はEMSでのアイドリング回転数制御の方法です

始めに 当社のEMSは キャブレター仕様のバイクや車 
もしくは インジェクション車でも 制御が古い車種用に設定しました
今時の 電子スロットルやステッピングモーター式のISCには対応できません

EMSの基本はソレノイドバルブで行なう ファーストアイドルです
ソレノイドバルブをONとOFFのみで行ないます
冷えているときは バルブをON(開けて)
2次エアーを吸わせて 吸入空気量を増やしてアイドリングを上げます
エンジンが温まってくると バルブをOFF(閉めて)アイドリングを下げます
暖気後の通常時のアイドリング回転数は スロットルバルブを
開け閉めして決定します これはキャブレターと同じ方法です

元々、キャブレターのバイクや車なら・・・
チョークを引いてエンジンを始動して 徐々にチョークを戻す
これに比べれば アクセルも開けずに セルを回せば始動して
放置しておけば 暖気も終了していますので この方法でも十分だと思います

この方法に使用したソレノイドバルブは これ↓
 
エアー流量はぎりぎり足りる程度です 
マイナスドライバーで流量を絞ることは可能です
冷えているときに始動した回転数が
暖気後バルブOFFのときの回転数と同じくらいです
本来は もう少し流量が多いと良いのですが 丁度良さそうなものはありません
どうしても多くの流量が必要なときは 2個並列使用するとかになります
今時、電子スロットルやステッピングモーターISCが一般的ですから
このようなバルブは 必要ありません どんどん廃盤になります

アイドリング回転数をEMSで制御させようとすると・・・
ソレノイドバルブのON、OFFを毎秒20回くらい行い
ONとOFFの比率(DUTY比)を変えることで 流量を調整することができます
ターボ車の過給圧制御(ブーストコントローラー)などはこの方法ですね
この方法であれば 回転数制御は実現できますが 問題があります
肝心な使えそうなソレノイドバルブがありません
写真のバルブでも DUTY比で40~60%ならバルブは追従しますが
20%ではOFFで70%ではONです
ブーストコントローラー用ソレノイドバルブのよう
流量が少ないバルブは有りますが
流量が多いバルブで DUTY比制御ができて DC12V仕様・・・
このような仕様は有りません 
流量が多くなると 内部のプランジャーも大きくなり重くなりますからね
早く動かすことは どんどん難しくなってくると想像できます
いろいろと 自動車メーカーの純正部品を調べましたが有りませんでした
工業製品も調べましたが 車やバイクに使用できる大きさのものは難しいですね

写真の昨日、テストしたステッピングモーターISCを使用すれば可能ですが・・・

EMSでは 別途ドライバー回路の製作が必要になりますし
他にも 問題が有りますので 簡単には出来ません
LINK_ECUでもステッピングモーターISCは 購入したStormからです
この大きさのECUはバイクには難しいでしょうね


このようなことから 現在の仕様に落ち着いています
これまでも 今回のようにいろいろとテストは行って来ました
今後も 調べてアイドリング制御に使用で出来そうなものがあれば
テストは 継続していきます

拍手[4回]

今日は少し涼しいですね~ でも35度くらいありますよ!
これで涼しいなんて 異常ですよね・・・ 
暑さの感覚も おかしくなっているようですよ 大丈夫かな?

今日は 当社のEMSをはじめ フルコンのマップのことを少し・・・
興味のある方は 燃料マップとか 点火時期マップとか
聞いたことはあると思います

当社のEMSは
横軸に回転数を左から右へ回転数が上がっていきます
縦軸はエンジン負荷 下から上へ負荷が増えていきます
メーカーによっては 違いも有りますが
概ね このようになっています
下の写真は 私のBANDIT1200の燃料マップです
縦軸(エンジン負荷)は スロットル開度で制御しています
スロットル開度 5%、4000rpmで走行中は 
マップの交点44と言う数字で燃料が計算されます
実際には スロットル開度も5%ピッタリなんてことはありません
5.5%とかの中間点は マップの値をアクセス数の平均値で計算されます
 
横軸の回転数は イメージしやすいと思いますが 
縦軸の負荷は と言うと・・・ 0~100%まで均等割りではありません

縦軸の負荷をアップで見ると
 
スロットル開度(スロットルポジションセンサー、TPS)の値
正確に言うと スロットルバタフライシャフトの回転角度を
全閉から全開まで、100%に割り振った値です
吸入空気量を0~100%に割り振ったわけではありません
全開付近90%でも100%でも 吸入空気量はほとんど変化しませんが
全閉付近は シャフト回転角に対して吸入空気量の変化は とても大きくなります
このことから スロットル開度、全閉付近は割り振りを細かくして
全開付近は 荒くしています
車とバイクではアクセルの使い方が違いますので この割り振りは変わります
バイク同士でも 排気量によってどの部分を細かくするかは 変わってきます
750ccくらいであれば 5%~15%を細かくします
このマップ軸の割り振りは 後で変更しようとすると 
マップ全体に影響が出る場合が多いので 
セッティング初期に変更、決定するようにします
自分が細かく制御させたいところは細かく、
荒くとも問題が無いところは荒く 調整します
セッティング中でも マップの値で同じ数字が並ぶようなところは
荒くても 大丈夫ということが言えますので
途中で軸を変更する場合も有ります
当社のEMSの場合は燃料で16*16ですから うまく帳尻を合わせます
軸の割り振りは 自由に設定できますから 助かりますよ!

エンジン負荷を マニホールド負圧で制御する場合も
同じように割り振りを考えますよ

このように 一寸したコツや慣れ、とでも言いましょうか
こんな事も 必要になってきます

おまけです
 
バイク用のスマートフォンフォルダーを買って見ました

昨日 18:00ごろ走ってきました この時間なら表示は見えますね 
GPSのスピードメーターも 動いていますよ
いつもはポケットに中でしたので はじめて見ました
しかし、段差でぶれますので 対策が必要かもですが
たぶん ポケットの中で使用すると思います(笑)

拍手[5回]

今日も 涼しいうちにBANDIT1200で走ってきました
さすがに日曜日です 
通勤ラッシュはありませんので道路も空いています
明日も祭日ですから気が向いたら走ろうかな と思っています

いつもはタンクバックの中にノートPCを積んで走りますが
最近、セッティングの必要無いときは ノートPCは無しです
その代わり ポケットにスマホを入れて 
これをデーターロガー専用として使用します
いろいろPCに比べて制約は有りますが 使いやすい面も有ります
会社の回りをテストで一回りするとか 大げさなPCが不要ですから
タンクバックを持たなくてもデーターが取れます
スマホのGPS機能で サンプリングは遅いですが 
車速と走行距離がログに記録されます

今日は9:30ごろ、帰社しましたが やっぱり暑い・・・
昼間のピーク時よりは涼しいと思いますが あまり変わらないかも? 

スマホから ログデーターをアップロードして
PCにダウンロード・・・
ここで、ネット環境が必要になります
私の場合 スマホはシム無しですから 会社のWiFiでアップロードします

いろいろ試しているんですが・・・ 
何故か、直接はログファイルが見えないんですよね
アプリの仕様なのか アンドロイドOSなのか分かりません

アンドロイドOSも 一応、いじっておかないと
分かりませんでは 済まされない時代が来るような予感です
時代に取り残されないにしないとね! 









拍手[6回]

今日は時間が出来ましたので アンドロイドOSで遊んでいます・・・
格安スマホで EMSのメーターを表示させていますが
直射日光の下では 何も見えません 薄く真ん中に0と見えるでしょ!
ダッシュボードとしては 使えませんね

バイクですから仕方ありませんが 車でもおそらく見えないと思います・・・
夜は明るすぎるくらいに見えると思いますね(笑)

スマホやタブレットの機種によるところが大きいとは思いますが
外で、しかも直射日光下での視認性は 難しいでしょうね!
結局、今日はポケットの中に入れてデーターロガーとして使用しました

今回の スマホでゴソゴソいじっているのは ついででして・・・
MSAの点検依頼で 現車でのテスト走行です
ただ、走るのもね・・・~ 時間の無駄ですから! 
走る前に机の上でシミュレーションを行うことは 言うまでもありません
シミュレーションで分からないから 走り回ります! 
 

ポケットに入れたスマホが拾ったログデーターです
左から右へ40分のデーターです
この間 点検品のMSAは何事も無く作動しています
一番下の白がエンジン温度、赤が吸気温度です
エンジン温度のピークで135度で油温もほぼ同じです
吸気温度のピークは 51度です
最近は 試運転に出かけると いつもこれぐらいに上がります
エンジンや オイルには過酷ですね・・・
まだ、オイルは悲鳴を上げませんよ シフトは問題なく入ります


アンドロイドスマホのEMSでの使い方を考えると
セッティングはパソコンで行ないます スマホでは出来ません
スマホはデーターロガーとメーター表示のみです
メーターとしては 外では見えませんので あきらめて・・・
データーロガーのみと考えたほうがいいでしょうね!
当社みたいに 工場から試運転に出かけるとき
PCを持たずにスマホをもってデーターロガーとしてデーターを記録して帰社
その後 それを元にPCでセッティングを行ないます
もしくは サーキットや競技中のデーターロガーとして・・・
さすがに サーキットでタンクバックやPCを縛っては無理でしょう・・・
こんな使い方になるのかなと予想しています

このように使い勝手は良さそうなんですが・・・
私の問題で アンドロイドOSは良く分かりません
USBケーブルで直接ログにアクセスしようとすると ログが見当たりません
ソフト上から見るとログファイルは存在します???
結局、ログファイルをスマホでアップロードして PCでダウンロード・・・
こうすると パソコンのログ表示ソフトで見えます???

勉強して アンドロイドもサポートしようかと思いましたが
今のところ、私にはサポート対象外が無難な選択のようです
ログの温度表示は 華氏、スピードはマイルになっていますが
変更を忘れていました 今は摂氏とキロメーターです


拍手[5回]

空燃比計・・・ 最近は手軽に使用できますね~

当社が オープンした平成元年のころは 
空燃比計と言えば HORIBA_AFR_ANALYZER・・・
これ、100万円では買えませんでした
しかし、チューニングしてく上で 必ず、必要になりますので購入しましたが
当時は 価格が価格ですから、相当悩みましたよ!

今は個人でも購入可能な価格になりましたね
3~4万円で購入できますよ!
国内で入手可能な代表的なものは 
INNOVATE、PLX、AEM 他にもあると思います

私のBANDIT1200でも使用しているものは 
INNOVATE_LC-1ですね 今はLC-2となっています
アナログ2chの出力があり 写真のようにメーターと
フルコンEMSに入力しています
 

今回は、PLXですね 初めて取り付けます
赤いアンプ部分とでも言いますか 今はプラスチック製に変わりましたね
こちらも メーターとアナログ1chの出力で フルコン等に入力できます


どちらもセンサーは BOSCH製 LSU4.9ですから
レスポンスや寿命は同じでしょうね

空燃比計を使用することで 濃いのか薄いのか ではなく
どれぐらい濃いのか薄いのか 数字で出てきますので ハッキリします
チューニングして上で 必要な計測器であることは間違いないと思います
インジェクション車だけでなく キャブレター車でも使えますよ!



拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
6 7
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア