/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
明日から14日まで 当社はお盆休みですよ~
毎週木、金曜日が定休日ですから それを3日間延ばして
今年は5日間の休みです
ただ、どこに行っても混んでいますから・・・
自宅でごろごろしています

ハーフカウル仕様から カウル無しに変更した私のBANDIT1200ですが 
カウルがない分、フロント側が軽くなりました

それに伴い なんとなく乗り味が変わったんですね~
何でも試してみようと思いまして・・・ 
フロントホークの突き出し量を 3mm増やしてみました

こちらの方向性で正しいようですよ!
元に戻ったように感じますが 会社の周りを一回りしただけですから
お盆休み明けにでも 足を伸ばしてみます

ついでに 今年始めに購入したブリスクプラグも
テストで外していましたので 再装着してみます
外した時のブリスクプラグです 綺麗に焼けています
 

ハーフカウルが無いので プラグ交換作業は楽になりました・・・


カウルが無しになりましたので・・・
なんとなく風当たりがよくなって涼しいような???
油温上昇も少ないような気がします・・・

と言うことは 冬は寒いのかな・・・

拍手[5回]

先日、BANDIT1200用に アマゾンで¥2299で買ったヘッドライトですが・・・

価格が価格だけに 仕上げや精度はまったく期待していませんが
ヘッドライトとしての機能くらいは何とか確保していると思っていました

ヘッドライト上部の反射鏡が熱でひび割れを起こしています
メッキの剥がれとかでは無く、熱による変形です
裏側も少しダメージが確認できます


アップで・・・


クリヤーレンズも 少し、凹んでいます


買うとき、悩みましたが半年、1年くらいは持つのかな~ 
こんな期待をしていましたが 見事に裏切られました・・・
商品説明では 
「30000時間以上の使用時間を保証します」って書いてありますが・・・
実際の点灯時間は 1時間も点灯していませんし 
点灯は 標準で付いてきた12V35W/35WのH4バルブです? (笑)
説明ではハロゲンバルブとなっていますが・・・
怪しさ満点のヘッドライトでした!

結局、私のバイクのヘッドライトは このようになりました・・・


これで 安心です!

拍手[7回]

格安ビキニカウルの取り付けです
精度、仕上がりはまったく期待していませんが
取り付けたときの強度は気になります

完成はの写真です 普通に付いていますよ!

値段の割りに 色も綺麗なシルバーです
収まり具合は・・・ こんなものかと思います

このビキニカウルの取り付けは
ヘッドライト横にM6が左右 一番下にステーをつけるような穴が開いていますので
3点止めを想定しているようです
この手の商品は NETでのインプレが豊富ですからね
スクリーンがブレルそうです 確かに・・・
ハーフカウル仕様のときもスクリーンがビビリまして 対策しました

 今回は あまり立派なステーは邪魔だし・・・
あまり目立たないものでと作ったものが これです


アップで


カウル側とトップブリッジにステーを付けて
M4全ネジで固定しました
もちろん見えますが ステーって感じではありませんから
これで 大丈夫だと思いますよ グラツキはありませんからね!

ところで ビキニカウルをつけてから気がついた・・・

夜、帰り際の暗いときにヘッドライトを点灯しました
提灯のような明るさ・・・ 
¥2299のヘッドライトですからね 文句は言いませんが 
大笑いですよ
その時の記事は こちらです
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1494/

結局、バルブ交換は必修で 分解することになりましたが 
不吉な予感が・・・
バルブ交換はしますが、バルブが付くところの耐熱は大丈夫???
見てみると 普通のプラスチックの一体成型みたいです
バルブも付いていたものは H4みたいな12V35W/35Wですから・・・
熱野が出ないように こんなに低く抑えてあるのかとも思えるし
とてもハロゲン12V55w/60wなんて怖くて使えないし・・・
安いLEDでも入れてみるかな・・・

拍手[5回]

ハーフカウル仕様のBANDIT1200Sから
カウル無しのBANDIT1200として 復活させました!

私も骨折以来 バイクに乗るのは4ヶ月ぶりです・・・
バイクはハーフカウルがなくなった分 動きが軽いですね
見た目も スッキリしてこちらも良いかも?

と言っても 今日は仕事で会社の近くを一回りしただけです
この方が 夏場は涼しいのかな
格安ビキニカウルは もう少し後で付けるかな?
高速道路に乗るときは 有ったほうがいいでしょうね!


早速、製品のテストです
机の上のテストはいつでも出来ますが 
実際、バイクに付けてテストが必要な場合も有りますから・・・

いつものように オシロスコープで確認して 試運転に出ます
こんな事の繰り返しです

バイクも復活しましたし これでMSA関連や
エンジンマネージメントシステムEMS関連のテストも出来ますね
シミュレーターも十分役に立ちます 無くてはならないものですが
どうしても 実際のエンジンを回しての走行テストも必要になります
これで やっと今までの開発環境に戻りました
 

拍手[10回]

超低価格のヘッドライトとビキニカウルで復活を目指している
私のBANDIT1200です

ハーフカウル仕様とカウル無しでは ハンドルのトップブリッジが違います
詳細は分かりませんが この部品が¥15000位です
最悪は 購入するとして悪あがきをしてみます

メーターのステーはカウル無しのものを購入してトップブリッジに取り付けますが 
ハーフカウル用トップブリッジ側には 取り付ける場所がありません
トップブリッジをフライスで削り アルミのブロックをネジ留めして
そのブロックに メーターステーを取り付ける方法を採用しました
キーシリンダーの横がアルミブロックです

NETでBANDIT1200の写真を見ると
純正状態では メーターはもう少し後ろのようです
この状態で激安ビキニカウルをつけると シールドにメーターが当たり
前下がりになってしまいます・・・
メーターを後方に移動するか 下方に移動するかです
後方は無理ですので下方に移動します


16mmのカラーを製作してメーターを下げました
これで 激安ビキニカウルは下を向かず 良さそうな位置に付きます
メーターとヘッドライトの位置関係も問題は無いようです

アース線が写っていますが ハンドル回りでメインフレームと
金属面が接するのは ハンドルシャフトのベアリングのみです
アースと言う意味からするとべアリングを介したアースは不安ですから
アースを追加しました 
ヘッドライトなどの電流が比較的多く流れるアースは 
ハーネス内に有りますが 金属部分がアースから浮いていると
なんとなく 気になりますので・・・ こんな処置をしています


空いた時間にゴソゴソですからね 時間は掛かります
ヘッド、ウインカー関連の配線は作業終了ですが
インジェクション関連の 空燃比計やマップ切り替えスイッチ
LOGマークなどの配線と取り付け場所の確保が残っています

BAMDIT1200が動くのは もう少し先ですね
それまでに 足のリハビリと筋力アップに励みます!

拍手[3回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
7 10 12
17 18
24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア