/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです

昨日は 私の通勤車、初代エスティマのヘッドライトをLEDにしました
バイク用LEDライトも 一緒に購入しましたので交換します

BANDIT1200に現在使用中のヘッドライトはシビエです
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1515/

そして購入したバイク用LEDキットも
日本ライティング製でバイク専用品でH4です もちろん日本製です!
車用のH4を購入して片側を使用と思いましたが
このメーカーでは バイク用は振動対策が車より強くしているとの事で
それならバイク用をと 購入しました

キットは H4ライトコネクターに接続するだけです
車用と同じく リレーなどは有りません
下の方で説明していますが 消費電力は16.9Wです
ブレーキランプ1個が21~23Wですからね・・・



点灯テストの様子です

LO側を点灯させています
電源電圧は 写真の最初の1が消えています 12.80Vです
このときの消費電流は 1.32A 流入で16.9Wです
今回も冷却ファン付きです

今までH4のハロゲンバルブでした LO側で55Wですから
ずいぶん節電できましたよ!
私のBANDIT1200はインジェクション用燃料ポンプを常時駆動しています
これが電気をたくさん食いますからね~ 助かります

元々、BANDIT1200はハーフカウル付きの 2灯式でして
LO側は左側のみ点灯し HIにするとLO側は点灯したまま
HI側(右)も点灯する このような仕様でした
これをH4にしていますので HIにすると 
同じH4バルブ内でLO側とHI側の同時点灯状態として使用していました
短時間なら 同時点灯してもほとんど問題は有りませんので
対策をせずに 使用しておりました
今回 LEDにすることで この対策が必要かと思っていましたが
テストして見ると 日本ライティングのバイク用LEDキットは
キット側で 同時点灯を回避していますので
特に対策をしなくても大丈夫でした 手間が減りました・・・(笑)

実際に シビエのヘッドライトに取り付けです


レンズ側への取り付けは問題ありません 簡単に装着できますが
後ろ側のケースに当たります・・・
奥行きの寸法は入りますが LEDバルブのファン(ヒートシンク)部の
直径が大きく この部分が当たります 
ケース(プラスチック製)をヒートガンで柔らかくして外周方向へ広げました
これで 装着は可能になります 
しかし 装着して後ろの間隔を見ると ほとんどありません 
これでは 冷却ファンに風がほとんど入りませんので 
ケースに 30Фの穴をあけました
ファンが付いていても 風が流れないとファンの意味がありませんので・・・
これで装着は完了です

点灯した写真はありませんが 白いです!

追伸・・・
夜走りました カットも綺麗に出ていますよ
H4ハロゲンよりは 明るいですね~
HIに切り替えると・・・ 感動しました!

拍手[5回]

BANDIT1200のエンジンオイル交換です

お盆休み前の記事で オイルのことを少し書きました
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1813/
もう少し、先の交換でも良かったのですが 
点検を行なったついでに オイルも交換することにしました
距離は ほとんど伸びていません
去年の9月に交換して 2500km位ですね

交換時期が 早すぎると思われるかもしれませんが
BANDIT1200の使い方が問題でして・・・

当社の製品の開発やテスト用車両です
毎日とは言いませんが 10~15kmほどテストで使用します
この時期、この距離でも 油温は120度は軽く超えます
冬場でも 100度は超えます
休みも走りますが せいぜい100km走れば多いほうです
こんな使い方ですからね~ 
1日で250kmのツーリングを 10回位・・・
このような使い方とは違います  

前の記事にも書きましたが 使用オイルは
ファクトリーまめしば FM1.5 12.5W-45です


ある程度暖気して オイルを抜いて 規定量3.3L入れます


交換後、試運転に出かけました

「夏の雲」 こんなイメージの雲です
曇りで風もあり一時期のことを思えば 涼しいですね

一番、気にしているシフトフィーリングは 
交換前と交換後で ほとんど変化は有りませんでした 
まだ、オイルを交換しなくても 大丈夫だったかも?
とも思いますが 1年に1回くらいは交換しないとね!

次回のオイル交換も、1年後かな

拍手[8回]

さすがに この暑さでは昼間に熱源にまたがる気にはなりません

今朝も 早く出社してバイクで出かけました
巷では お盆休みが始まったようで 空いていると思いきや・・・
車は 普段の土日より多いし ところどころで渋滞とまでは行きませんが
思うように進みません 適当に帰ってきましたが だんだん 暑くなって来ました 
会社には 9:40ごろに到着しましたが 油温はこの通りです

137.2度ですよ まだまだ、上がりそうな勢いです

でもね、この状態になっても シフトフィーリングは大丈夫なんですよね!

交換後 1年くらい経過したのかと過去のブログを見てみると・・・
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1572/
9月末ごろで 11ヶ月ですね
オイル交換後の走行距離は 2500km弱です

お客さんには 盆と正月くらいはオイルも変えようね!
こんな事を言っている手前 そろそろ交換しようかな 
と 思っています
オイルは当に用意して有りますので・・・
当然 同じオイルですよ
ファクトリーまめしばFM1.5 12.5W45です


そういえば 当社でEMSの装着を行なっている 
TRX850も FM-1 10W40に交換しました
シフトフィーリングは 良くなっていますよ!

拍手[5回]

今日は 簡単なテストを行ないました
スパークプラグの不良による失火です

テスト車両は私のBANDIT1200です
たまたま、不良のプラグがありまして・・・
装着してログを拾ってみました

体感上、明らかに失火しているようです
マフラー内でも パンとアフターファイヤーも確認できます
急にこのような症状になると 点火系なのか燃料系なのかと
いろいろ考えるわけですが・・・
今回は 点火系のプラグ不良と原因は確実に分かっています

私のBANDIT1200はデーターロガーと言う便利なものが備わっています
一回りしてログを取って帰ってきました
そのログがこちらです

 

失火場所は上野写真の赤い丸のところです その場所をアップで見ると・・・
エンジン回転数 2230rpm アクセル開度5.8% 空燃比15.9です
実際には 青いカーソルの場所より 少し前に失火して
燃えていない排気ガスが排気管を通り 空燃比センサー付近に来たときが
この赤い丸のところです
エンジン回転数が高いところは 排気ガス流速も早く 
センサー位置が よほど遠くなければさほど遅れませんが
アイドリングや低回転では この遅れも考えないとね!

 

実は、以前に質問されたことがありまして・・・
今回は丁度良いデーターが取れましたので記事にしました
質問の内容は・・・ 
失火すると空燃比計をつけていた場合 濃くなるの 薄くなるの? です

そもそも空燃比計は どのような仕組みか?
これから説明しなければなりません
一般的にチューニングなどで使用する空燃比計は・・・
簡単に言うと 排気ガス中の残留酸素を計測して 空燃比としています
詳しくは ご自身で調べてくださいね
要するに 排気ガス中の燃え残った酸素量で
空燃比をあらわしているんです
車や最近のバイクには O2センサーが付いています
メーカーの排気ガス対策も 同じ方式で空燃比を見ていることになります

今回はプラグで着火ミスしていますので 混合気は燃えていません
燃えていないと言うことは 排気ガス中に酸素はたくさん有りますので
薄い方向へと 空燃比計は表示します

燃調が濃くなりすぎて失火した場合はどうでしょう・・・
燃えていれば 濃く表示されるでしょうが プラグが燃料等で濡れていて
火花が飛ばなくなれば 薄く表示されるでしょう

無理やりこじつけた例を作ると・・・
濃い状況での運転で プラグがカブリたまに着火ミス・・・
濃いときに着火ミスで酸素量が増えて 
偶然、丁度良いくらいの空燃比表示となった
でも、調子が悪い!
こんな事も ありえるかも? ですよね

結論は O2センサー方式の空燃比計(ほとんどがこの方式です)は
失火するような状況(点火不良や燃調の不良での失火も含めて)
空燃比計の出力する値は 信用できないと言う事です 

今回のプラグの着火ミスでもプラグは悪くないと仮定すると 
空燃比が薄くて着火ミスしているとも考えられます
このように考えると 対策は燃調を濃い方向へとなりますが
原因が違いますの 根本的な解決にはなりません

空燃比計は 大変便利な計測器です 
セッティングには必ず必要なものといっても過言ではないと思います
最近は 安くなり個人でも十分買える金額になりました 
実際、セッティングに使用している方も多いと思いますが
このような特性を理解して使用しないと 迷宮に迷い込む場合も出てきます
 




拍手[11回]

良いですね~、日曜の朝は!
なんたって涼しい これは助かります

今日も1.5時間早く出社して 
BANDIT1200を引っ張り出して 走ってきました!


先日、インジェクターも交換しましたし 以前の調子に戻りました
この業界に入って インジェクターのトラブルは始めての経験でした

 

拍手[6回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2
9 11
17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア