/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今日は リジカラの取りつけですよ

便利な時代になりましたね~ 
昔、競技専用車として製作していた車両は
空き缶から鉄板を切り出し丸めて、ボルトに巻いて 
穴とボルトのガタを少なくしたり カラーを作ったり
力が掛かる方向が想像できますから
予め、ガタをその方向へ寄せて締め付けるとか・・・
いろんな小技をしたものです

取りつけ車両は アルトワークス(HA36S)です


取り付けは説明するまでありませんね・・・
ネジをはずして 挟み込むだけですから
フロントは サスペンションメンバー左右で4箇所です

リヤーは サスペンションアーム取りつけ部左右で2箇所

理にかなったパーツだと思います

拍手[7回]

先日から作業中のロードスター NA6CEです
今回は こちらがのメインの仕事でした・・・
フロントハブベアリングの交換です

調べたらASSY交換ですね!
キャリパーを外して ネジを取れば・・・ もう外れましたよ!

後は元通りに組むだけです


デフは洗浄して部品待ちですが・・・

ディスタンスピースがベアリングのアウターレースに当たって出てきません
こんな事があるのかな・・・?
ディスタンスピースのつぶれすぎかな?
こんな疑問が沸いてきますね・・・
と言うことはベアリングが・・・・
部品がくれば分かるかな???
確認はしていませんが ディスタンスピースは結構つぶれますね~
抜けないかも・・・?

結局、忙しくなりましたので 一気に組み上げて調整して 
車両に積み込み その後試運転して OKです

最後はバタバタして 完成です
久しぶりに 4連スロットルフルコン仕様のロードスターの試運転をしました
相変わらず 良い音していますよ 
カムも変わっていますので 高回転も伸びますしね

過去に撮影した動画です セッティングの途中だと思います
こんな音しています!

乗って、アクセル踏むのが楽しいです!

拍手[6回]

NA6CE ロードスターのデフをばらしています・・・

このロードスターは 当社で4連スロットルフルコン(EMS)仕様で
乗っていて楽しい車ですよ 私が乗ろうと思ていた車ですからね!

デフからの音が気になりましてばらして見ました
 
マツダスピード製のLSDです 何年ものかな・・・古いのは確かです


バラバラです
ピニオン側のベアリングを交換します

外された車・・・
マツダは パワープラントフレームと言うもので 
ミッションとつないでいますね・・・ マツダ特有の方法です


部品待ちで 1~2日、放置となります

拍手[7回]

タイミングベルト交換は終了ですよ!

他にもウォーターポンプ、クランクFオイルシール、
ベルト3本もひび割れていました その他細かいものも少々・・・
ついでに交換です

別の機会に作業を依頼されれば 工賃も発生しますが
外していれば 工賃は必要ありませんからね~
試運転も完了して 完成です
 
エンジンが冷えてから 冷却水のチェックやらベルトの張りもね・・・
暖気終了後のエンジン再始動で 少し問題が有りますね
回転が低すぎて エンストします
エアコンONの状態では その状態がひどくなります
10秒ほど アクセルを軽く踏んでいれば 大丈夫のようです

原因は AACバルブの調整不良です
AACの隣にある エアーをバイパススクリューで調整すれば大丈夫です
 
このころの車両は 診断がOBD2ではありません メーカー専用品です
ずいぶん前に購入したものですが まだ、現役の診断装置です
ついでに各制御の状態も点検して・・・ 大丈夫ですよ!

定休日明けの 土日で納車させていただきます

拍手[4回]

今日はタイミングベルトとウォーターポンプの交換です

R33GT-R、RB26ですからね!

一番多くいじったエンジンですから お手の物ですよ!
走行距離は 110000KM 少しベルトの張りは緩いですが
距離相応と言った感じです
 
ノーマルのRB26は R32のころからバルブタイミングでパワーを落して有りました
オーバーラップが0です 無しなんですよ・・・
ふざけたバルブタイミングでしょ!

R32発売時から R34までこのバルブタイミングは変わりませんでした
写真で エキゾースト側のみバルブタイミング調整用の
スプロケットに交換して有ります これでタイミングを遅らせて
オーバーラップを作って組んでいます
もしくは 1コマ変更するとかで・・・
当社では R32発売時から この方法で組んでいます
ブーストの立ち上がりも早くなりますし 
乗れば必ず分かるくらい違いますよ!

日産では RB26のN1仕様エンジンも 当時は有りましたね
カムシャフトの品番を調べると 品番が違います
実は 作用角はまったく一般のエンジンと同じで 
このバルブタイミングのみが違っていたんですね~
懐かしい思い出話ですよ!

さて、仕事はと言うと・・・
20年も経過すると ゴムは、プラスチックと化します・・・?


ここら辺は 想定内ですから部品は手配済みですが
クランクのFオイルシールからのオイルにじみが有りますので 
部品を手配しました 
明日まで作業は中断です

やっぱり 慣れ親しんだRBが良いですね~
ネジも適当にひとまとめにしても どこのネジか分かるし・・・
ウィークポイントも良く分かっているし・・・

拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 5 6 7
11 12 13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア