/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
車もバイクも機械も 修理や整備の基本中の基本は パーツ洗浄です!

分解したパーツ、1点1点 そのパーツが使用可能か 交換が必要なのか
これらの判断には 目視点検やパーツの計測が必要になります
当然、汚れていては 目視点検もできませんし 計測もできません
そのために 分解したパーツはすべて洗浄することになります
これが基本中の基本です

これを怠り、消耗や破損を見落とすと・・・
2度手間だったり 後で後悔することになります

ついでに 外注に出す場合も 基本は洗浄後に出しますよ
戻ってきたら 洗浄後、指示道理に作業されているか計測も行います
今まで こんなことは有りませんが・・・
仮に外注先がミスをして当社が気が付かなければ 
最終的には 当社のミスですから!

パーツ洗浄は当社の場合 洗浄台で行います
灯油を電動ポンプで循環させて 流し台のように洗います
流れているものが 水ではなく灯油です
この時期は 大変つらい作業です
手の油分も一緒に流れていきます
洗浄後 パーツクリーナーで灯油分を洗い落とします
手の熱を気化熱として奪われて 手の動きが重くなります
冷たいを通り越して 痛くなりますので 時間との勝負です
なんたって 手を洗う時、水道水が暖かく感じますので・・・

今回、洗浄したものは BNR32のパーツです
オイルクーラー関連のパーツと


フロントドライブシャフト関連のパーツです


洗浄して綺麗になったところで 目視点検や 計測して良否を判断
その後 部品を手配して組付けです

大きな工場は 洗浄も自動で行うんでしょうね~
当社は 手洗いで頑張りますよ!





拍手[4回]

RB26は 当社が一番多く扱ったエンジンですね
このエンジンは オーバーホール後の距離は少なく 状態は良いのですが
車両が放置状態でしたので 点検しております
点検と言っても この車両を当分乗るつもりで入庫したわけです
今回も、中途半端な整備はしません! 
純正部品も今は出てきても この先、生産廃止になる場合も
十分想定されますので 在庫が有るうちに 怪しい部品は交換します


ホース等のゴム部品は すべて交換です
水回りのパイプも口元の腐食がひどければ交換ですね
エンジンが下りた状態なら交換も楽ですから・・・
オイルシールも部品代だけなら安いです ついでに交換しておきます
タペットカバーパッキンも交換ですね オイルが漏れています
もちろん エンジンルームのホース関連も交換しますよ!
パワステホースなんか エンジンがなければ楽ですからね
この作業は 来年までかかりますね・・・
じっくり構えますよ!

さて、今朝は少し暖かい朝でした 恒例の散歩も続けています 
出社前、約1時間で5~6km歩きます
いつも通る 真清田神社は迎春の準備が始まったようですよ
階段のところにスロープが設置されました
巫女さんのアルバイト募集の張り紙がありましたし・・・


セローで少し試したいことがありまして・・・
準備は昨日済ませて 今日、少し早めに出社して
仕事の前に セローでも散歩してきました
結果は 書くほどのことではありませんので省きます(笑)


近所の六所神社のイチョウも葉を落として冬の装いになりつつあります





拍手[5回]

日産の リヤーマルチリンクサスペンションアームの交換です
シルビア、180SX、スカイラインなどに採用されていた
リヤーのサスペンション方式です

キャンバーを純正状態から変更しようとすると限界があります
そのため 社外品が発売されています
部品は 青く塗装されている部品です
変更範囲は大幅に増えますが その分調整が複雑になります

今回も 苦労しました
社外品の2本が長さ調整可能となるため
純正のロッドとの帳尻を合わせながらキャンバー、トーを調整します
アライメントテスターに乗せれば簡単に調整できるのかな?
当社にはありませんので いつもアナログで合わせます
サスペンションの構造を理解できれば 
どこが肝で 逃げはここと・・・
サスペンションは動いて初めて機能します
アライメントは出ているけれども 
アームの動きを阻害するようではダメですね
いつも頭をひねりながら 当社にあるもので組み上げます
これで1日 終了です

 

拍手[6回]

180SX、このころの車が 当社への入庫が多い車ですが
最近、純正部品の生産廃止も多く修理に苦労します

今回も ブレーキマスターからのオイル漏れで入庫しましたが
マスターシリンダーASSYは生産廃止です
インナーキットは在庫ありますが 
今回も漏れは インナーキットの交換では止まりそうもありません・・・
ASSY交換を前提で考えます

合いそうな物を見つけましたので これで何とかします・・・

次は
この車の リヤーのドライブシャフトブーツの交換です
なぜかインナーが破れています・・・
原因は分かりませんが バラシテブーツを交換します


綺麗に洗って・・・

こちら側も洗って脱脂して・・・
この時期は洗浄後に結露しますので しばらく放置するか
温度を少し上げて 結露を取ってから組付けます

このドライブシャフト R32GT-R用なんですね~

まだまだ、ありますよ
運転席のパワーウインドウが 動かなくなります
動いたり動かなかったりなんですが 修理しようとすると動くんですよね~
いっそのこと 動かない方が不具合個所の発見は早いのですが・・・

いずれにせよ 立派な旧車ですから
いろんなことが起こりますよね・・・



拍手[5回]

RB26は下りましたが 燃料漏れでタンクも下ろします・・・
旧車ですから何があっても驚きませんよ!



下ろしたタンクです
燃料ホースは カチカチでひび割れも・・・
ゴム部品は経年変化しますから 仕方ありません!
可能な限り交換します


この車両は 少し放置してありましたので 
いろんなところを確認しないとね~
安心できませんから・・・






拍手[9回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
当社のフルコン、エンジンマネージメントシステムEMSを使用して インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6
12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア