/*ここから/* /*ここまで*/
車やバイクのチューニング日記 最近は点火、インジェクション関連のチューニングが多いです
今回は、LSDの組み付けです

たまに、業者さんにたのまれて組み付けのみ行ないます
車両はトヨタ車です 
組み付けするたびに疑問に思うのですが・・・
バックラッシュは 0.13~0.18
ほとんどのハイポイドギヤーは概ねこれくらいだと思います
誤差は 0.05です

バンジョータイプのトヨタのデフはこのバックラッシュの調整に
ねじ式の調整リングでデフのサイドベアリングを左右に動かして調整します
整備書では1ノッチ動かしてと書いてあるんですが
真ん中を狙うと 0.5ノッチで止めたい場合も多いんです
調整リングの周り止め金具を 少し、斜めにつけたりして
帳尻を合わせるんですが・・・
確か AE86のころは 回りとめ金具が2種類有って 
0.5ノッチでも止めれたとの記憶があるんです
廃盤にでもなったのかな???
 

整備書どおりの基準値内には入りますから 良いのですが・・・
いつも ここがスッキリしないんですよね?

この後、光明丹を塗って 刃当たりを見て終了です


デフの組み付けも終わりましたので
BANDIT1200のEMSとMSAの 気になっているところを確認して・・・
 
試運転は 明日にします

拍手[6回]

先日、燃料漏れで入庫したスカイラインGT-Rの修理が完了しました

入庫時の記事は こちら↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1876/
フューエルデリバリーパイプ、インジェクターなど新品で ピッカピッカですよ
写真は組み付け後のみです


遠目では 見えませんが・・・
エンジンルームの燃料ホースもついでに 新品に交換です

25年前の車です 立派な旧車と呼ばれてもおかしくない年式です
まだ、これからも乗られるそうです
部品が廃盤になる前に 中途半端な修理ではなく新品に交換すれば
まだまだ 乗ることが出来ると思います

もし、廃盤となったら・・・
お金を出しても買えません 
程度の良い中古も 価格が高騰すると思いますよ
旧車の宿命とでも言いましょうか?
部品が廃盤になる前の修理は 
故障部品の程度にもよりますが 新品交換がベストと考えます
他にも、ゴム部品などは 必ずひび割れが出ますからね~
何かのついでの時には 必ず、交換です!

今日も天気が良いので 朝は1時間の散歩をして出勤、
昼メシ食って自転車で出かて 8kmくらいは走ってきました
でも、腹が出てくるんですよね・・・~


ずいぶん涼しくなってきましたので 公園には誰もいなくなりました
明日は定休日ですからね またバイクで出かけるかな?

拍手[3回]

今日は、R32、GT-Rの燃料漏れです

古くなると漏れてきますよ
フューエルデリバリーパイプからの燃料漏れです
先日、オイル交換のときに発覚しました
 

通常ならインジェクターのOリングを交換すれば大丈夫なんですが・・・
過去には インジェクター本体からの漏れもあります
過給機付きのエンジンですからね
過給すると インジェクターはインマニ内から過給圧によって
デリバリーパイプの方向へ押されます
アイドリングでは インマニ内に吸い込まれ 逆の力が作用されます
このような力がインジェクターには絶えず作用します
この作用でデリバリーパイプのインジェクター穴に傷が入るとか 
磨耗して インジェクターを交換しても漏れる事例も有ります

 
GT-Rも立派な旧車の部類です 純正部品も廃盤が多くなってきました
BNR32のデリバリーパイプも廃盤となりました
このようなことから 旧車は 新品部品があるのなら 
価格にもよりますが、新品に交換しておくことが安心だと考えます
今回は フューエルデリバリーパイプを 33,34GT-R用に変えて
インジェクター、エンジンルーム内の燃料ホースを交換することにしました

まずは バラシマス!


エンジンルームは・・・
 

今日は ここで終了となりました

よく見ると、この車は スロットルやインマニのいガスケットが
純正の紙のガスケットが使用されています
まだ、このインマニのガスケットは抜けていないようですが
これが抜けると作業が面倒なんですよね
何かのついでがあれば交換しますが ・・・
ひとまず今回は 燃料漏れの修理のみです

拍手[3回]

今日も BNR32 GT-RのフロントLSDです

昨日、無事ケースには収めましたが 
バックラッシュの再調整が必要ですので バラシマス・・・


アウターレースも抜いて・・・

これがエンジン側のプリロードとバックラッシュ調整用のシムです
リヤーデフなら比較的簡単に調整できますが フロントは面倒ですね!

無事、バックラッシュの調整を済ませて 刃当たりも確認して 大丈夫です

後はカバーを付けるだけなんですが これが曲者でした・・・


トラストのオイルの容量を増やすフロントカバーです
下のボルトは簡単につきますが 上側のボルトが締めにくい!
オールクーラーのホースやエンジンマウントなどで 手が入りません
下からも この状態ですから・・・
結局、フロントのドライブシャフト側からの作業で何とか締め付けました・・・
何とも手間がかかりますね~

疲れましたので 今日はここまでとします・・・

拍手[4回]

私の通勤車 初代エスティマ(TCR21W)・・・
今更ながら LEDヘッドライトに交換しました

前からHIDに交換するか?
しかし、高いしと思っているうちに
輸入品のHIDが登場して価格破壊と共に信頼性の低下・・・
結局、取り付けの機会を逃してしまいました

しばらくすると世の中はHIDからLEDに移行していきました
LEDを考えましたが エスティマをいつまで乗るか・・・
悩みましたが 最終は女房のスペーシアに使えますので
今回、LEDヘッドライトに交換しました

取り付けたヘッドライト用LEDコンバージョンキットは
日本ライティング製で 日本製で現物も見せていただきました
実際に 点灯して消費電流や 電源電圧の変更などを行い
発熱も確認しまして 今回購入いたしました
 
購入したキットのLEDは 冷却ファンが付いています
ファンレス、ファン付きでいろんな意見があると思います
電子部品は温度で作動の安定性や寿命が変わります
高いよりは低いほうが確実に良い結果になります
ハイパワーでも温度が安定していれば大丈夫だと思います
聞くところによると ファンは100%の能力ではなく
抑えて作動させているとの事です
このような理由で ファン付きを選びました
しかし、ファンが壊れて止まると致命的ですが・・・

キットの内容は一般的なもので 電源もバルブコネクターからです
リレーなどはありませんが テストで電圧を変化させて点灯させました
このときの電圧、電流を見ると リレーは不要かな・・・


車両に片側のみ取り付けて 一言、白い・・・
装着後、ヘッドライトのプラスティックレンズの曇りを バフで磨きましたよ!
 

夜の帰りが楽しみです!





拍手[4回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
6 7
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア