/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
今日も 出社は昼からで 早速、内職です

バイクの並列4気筒用MSAです
これの在庫が 底をついていますので 最優先に作ります

この後 シミュレーターで全品検査をして・・・ 
シリコンで 防水処理をします

他にも、国産車用MSAとかV-UP16も作らねば・・・
特注扱いのMSAもオーダーいただきましたので作ります

拍手[5回]

長い間、休みまして ご迷惑をおかけしましたが 
本日より、出社します

現在、机の上の作業は可能ですが 足がムクミますので
仕事の時間を少し短くしていただくことにしました
そのため 昼からの出社となります

早速、MSAの製作ですよ!
入院中にMSAの在庫が無くなっていますので まずはバイク用の製作です

久しぶりに作りますが 上半身もへたばっているのか? 疲れますね・・・
 
今まで サボっていましたからね~
他にも製作しなければならないものがたくさん有ります
これから 当分の間、私は内職に励みますので
こんなネタが 続くと思います

これから作ります MSA、V-UP16の在庫は大丈夫です
また、当社で特注扱いのものも 対応可能となります

通院等も有りますので 休む日もあると思いますが
今後とも よろしくお願いします

拍手[7回]

今日は バイクで電気式燃料ポンプ(電磁ポンプ)を使用した車両への
マルチスパークアンプMSAの装着方法です

バイクに限らず 電気式の燃料ポンプ(電磁ポンプ)は
エンジン回転中のみ作動するように設計されています
これは 万が一、事故や転倒等で燃料配管が破損・・・
エンジンは停止して イグニッションキーも切れないと言った場合に
燃料の流出による火災を防ぎます
この機能は 安全上、必ず必要な機能です

バイクの場合は・・・
今時のインジェクション車はECUで燃料ポンプはコントロールされます
当社のエンジンマネージメントシステムEMSも当然、制御しています

キャブレター仕様で 電磁ポンプを使用しているバイクは・・・
今まで 当社に問い合わせいただいた車両すべてが
点火1次信号で判断していました
簡単に言うと・・・「火花が飛んでいる=エンジン回転中」このような判断です

MSA装着前のノーマル状態では 
イグニッションコイルのマイナス側の配線から 燃料ポンプリレーへ
配線が接続されています 車種によってはタコメーター用の配線と
共用されている車種もあります
このコイルのマイナス線は 火花を飛ばす瞬間に300~400Vくらいの高電圧です
この高電圧を検出して燃料ポンプリレーをONにします

MSAの装着で 当社の結線図は タコメーター用の配線の場合
MSAの入力側(青い細い線)接続するように記載してあります
タコメーターのみの駆動であれば この方法がベストです
この場所の電圧は12VのON,OFFの電圧ですから 
ノイズを撒き散らすことはありませんので この方法を推奨しています

ところが 前に書いたように 燃料ポンプリレーは
300~400Vを検出して作動させますので 12VのON,OFFでは動きません
このような場合は MSAの入力側(青い細い線)に接続せずに
MSAの出力側(青い太い線)へ接続します
これで 燃料ポンプリレーは作動します
このほかに ヘッドライトもエンジンが回転中のみ点灯する車両もあります
このような車両も 同じ方法で対策できます

MSAを使用して このような不具合、対策が必要な場合
当社には 配線図がありませんので 恐れ入りますが
車両の配線図を送っていただければ 必要な対策等の
アドバイスをさせていただきます

今日は いい天気ですね 私の最近の仕事場からの景色も遠くまで見えますよ
 

拍手[6回]

先日の続きで・・・
たまには、こんなMSAのテストもしますよ・・・ その2です

前回のテストはこちらです↓
http://jetski2004jp.blog.shinobi.jp/Entry/1450/

実は ハルス発生器がうまく動きませんでした
SUZUKI純正のイグナイターは問題なく動いたので
動くものと思っていました・・・
社外イグナイターのテストではありませんからね
MSAのテストですから 問題は無いのですが
せっかくお借りできましたので 違う方法で試します


卓上フライスに、パルスローターをセットして
下の万力に、ピックアップを取り付けて 実際に回します
卓上フライスは2500rpmが最高回転数ですから
ここまではMSAのテストは可能です


オシロをセットして、MSAの入力回路を主に調べます
結果のみですが 問題は有りません 設計通りに動いています
 

機会があれば 他にもいろんなテストをしていますよ

拍手[8回]

今日は、バイク用MSAのテストです

バイク用MSAを発売してから約4年、経過しました
中には遠く九州からも 当社まで取り付けに来ていただいた方もお見えになります
多くの方に装着していただき うれしインプレもいただき
大変 うれしく思います

MSA開発時はいろんなテストをして製品化してきましたが
製品化が終了したら 開発やテストが終了ではありません!
基本的なところは同じですが いろいろなテストは今も継続しております

今回も 社外品の点火装置をお借りしましたのでテストしております
ご来店いただきMSA等を取り付ける場合は 取り付け終了後に
作動確認をしていますが 長時間、お待たせするわけにも行きませんので
さっさと済ませます
 

今回のように お借りできた場合は時間は十分に有ります
一言で言うと 点火装置とのマッチングなどを重点的に調べ
良い機会ですので 細かいところもいろいろと 調べます
これはお問い合わせなどいただいたときの資料にもなりますからね!
また、これらを元に 一部仕様を変更する場合もあります

たまには 作動確認をしてくださいとの連絡も有りますので
机の上のシミュレーションや バイクに仮付けしてのテストも行います


必要な場合は 実際にバイクで走ります

製品は全品、火花を飛ばしてのテストの後 出荷しておりますが
抜き打ちで 現車での実走行テストを行ったりもします
 

このように 開発やテストは今でも行っています


拍手[5回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
15 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア