/*ここから/* /*ここまで*/
車、バイク、趣味のジェットスキーのチューニング日記
私が エンジンマネージメントシステムEMSの製作等で
シミュレーションにこだわる訳は・・・

もちろん、正常に動いているかのチェックも その一つです
EMSに限らず マルチスパークアンプMSAや V-UP16も
商品出荷前には全品シミュレーションを行っています
EMSやそれに順ずるものは 設定項目も非常に多くなります
一つの項目の設定ミスで 火花が飛ばないことも有ります
車両に付けて火花が飛ばない 燃料は噴射する
いろいろ試しているうちに プラグはベタベタ・・・
設定を変えて 仮に火が飛ぶ状態になっても カブって始動しない?
どこが悪いのと 最悪は迷宮入り・・・
シミュレーションを行っておけば このようなことは防げます

まだ有りますよ こちらが私にとっては重要です

たとえばレブリミッターを例に挙げます
EMSは 点火、燃料でレブリミッターをかけることが出来ます
この例の設定は 点火間引きと燃料カットの設定です
7000rpmで作動し始めて 8000rpmで完全にリミッターをかけます

下の写真で 7054rpm、点火間引きレブリミッターが作動し始めました


上から2番目の青が点火信号で 歯抜けが発生しています
抜けたところは点火を止めています


7500rpmです 青の歯抜けが多くなりました
半分くらいの割合で点火を止めています


7950rpmです 青は歯抜けと言うよりも ほとんどありません
もちろんほとんど点火していません


8000rpmを超えました 点火は完全に止まっています
3列(紫)、4列(緑)はインジェクターの作動状態です
燃料の噴射も止まりました

回転が下がり 7000rpmを下回りましたので 点火、噴射は再開されました


レブリミッターは このように作動することが確認できます
EMSはリミッターの作動も変更が可能ですから 設定を変更して 
どのように作動が変化するか あらかじめテストできます
余談ですが EMSのリミッターは良く出来ていますよ
利き方がすごくソフトで 設定しだいで衝撃はほとんどありません!
トルクが抜けたかな~って感じです

最終は実際にエンジンを回してリミッターを確認しますが
テストでリミッターをガンガン作動させるのも 
エンジンには 決してよくは有りませんからね!

他にも いろんな設定の組み合わせも試すことが出来ます
エンジンに悪影響を及ぼすような設定もシュミレーションなら試せます・・・

この例のように シミュレーターを使って事前にシミュレーションしておけば
余計な負担をエンジンにかけなくても済みます
これが一番の理由です

拍手[1回]

タイミングベルト交換は終了ですよ!

他にもウォーターポンプ、クランクFオイルシール、
ベルト3本もひび割れていました その他細かいものも少々・・・
ついでに交換です

別の機会に作業を依頼されれば 工賃も発生しますが
外していれば 工賃は必要ありませんからね~
試運転も完了して 完成です
 
エンジンが冷えてから 冷却水のチェックやらベルトの張りもね・・・
暖気終了後のエンジン再始動で 少し問題が有りますね
回転が低すぎて エンストします
エアコンONの状態では その状態がひどくなります
10秒ほど アクセルを軽く踏んでいれば 大丈夫のようです

原因は AACバルブの調整不良です
AACの隣にある エアーをバイパススクリューで調整すれば大丈夫です
 
このころの車両は 診断がOBD2ではありません メーカー専用品です
ずいぶん前に購入したものですが まだ、現役の診断装置です
ついでに各制御の状態も点検して・・・ 大丈夫ですよ!

定休日明けの 土日で納車させていただきます

拍手[3回]

いろいろと悩みましたよ 今回は・・・

悩んだ結果、シミュレーターは このようになりました・・・

何も変わらず・・・ ただ、コネクターが付いただけです

コネクターで差し替えて シミュレーター専用品や完成品の検査を行います
コネクター方式ですから変換ハーネスを作ればいろいろ応用は出来ます
先日、試作品を作った カワサキSX-R専用品も 専用の変換ハーネスを作り 
シミュレーション出来るようにする予定です 

結局、箱に収めると簡単に仕様を変更できなくなること
オシロスコープのプローブも簡単に接続できなくなります
同じ製品の検査だけであれば 箱に収めて必要な配線だけ外に出して
シミュレーションを行えばよいのですが・・・
現在、EMSの販売は オーダーメード状態ですからね~
たとえば 汎用ポート出力をあるときはラジエターの電動ファン制御に使用したり
ランプ表示のみとか 他のポートと組み合わせてとか
基本部分は同じでも 必要なものによって変わってきます

エンジンでも4ストローク、4気筒が多いのは確かですが
今回のスバル360ように 2ストローク、2気筒とか
少し前に行った FIAT500チンクは 
4ストローク、2気筒で 後にターボが付いたとか・・・

その都度、箱をばらして・・・なんてことするぐらいなら 
裸のほうがよっぽど作業がはかどります
それに これをいじるのは 私だけ、ですからね!
私が使いやすければ それでOKです
見た目は気にしないことにします!

全体の作業は こんな感じです

EMSとPCと接続して EMSはシミュレーターにつなぎます
スロットルポジションや、MAP、温度センサー、空燃比計
すべて擬似的に電圧を作ったものです
もちろんクランク角センサーの信号も作ります 
シミュレーターですから ありえない状態も再現可能ですよ・・・
点火信号、インジェクター駆動などのモニターはLEDを光らせていますが
回転数が上がると 人間の目では点滅ではなく点灯にしか見えません
PCの画面では噴射時間や点火時期も表示されますが
その数値が合っているかはオシロで計測します
PC上の設定でと 実際の作動なども 計測します
だからオシロも簡単に接続できるようにします

これで悩まずに作業が出来ますよ!




拍手[3回]

今日はタイミングベルトとウォーターポンプの交換です

R33GT-R、RB26ですからね!

一番多くいじったエンジンですから お手の物ですよ!
走行距離は 110000KM 少しベルトの張りは緩いですが
距離相応と言った感じです
 
ノーマルのRB26は R32のころからバルブタイミングでパワーを落して有りました
オーバーラップが0です 無しなんですよ・・・
ふざけたバルブタイミングでしょ!

R32発売時から R34までこのバルブタイミングは変わりませんでした
写真で エキゾースト側のみバルブタイミング調整用の
スプロケットに交換して有ります これでタイミングを遅らせて
オーバーラップを作って組んでいます
もしくは 1コマ変更するとかで・・・
当社では R32発売時から この方法で組んでいます
ブーストの立ち上がりも早くなりますし 
乗れば必ず分かるくらい違いますよ!

日産では RB26のN1仕様エンジンも 当時は有りましたね
カムシャフトの品番を調べると 品番が違います
実は 作用角はまったく一般のエンジンと同じで 
このバルブタイミングのみが違っていたんですね~
懐かしい思い出話ですよ!

さて、仕事はと言うと・・・
20年も経過すると ゴムは、プラスチックと化します・・・?


ここら辺は 想定内ですから部品は手配済みですが
クランクのFオイルシールからのオイルにじみが有りますので 
部品を手配しました 
明日まで作業は中断です

やっぱり 慣れ親しんだRBが良いですね~
ネジも適当にひとまとめにしても どこのネジか分かるし・・・
ウィークポイントも良く分かっているし・・・

拍手[3回]

どうしようかな~ 
エンジンマネージメントシステムEMS用のシミュレーターです

いずれは必要になりますからね~ 作っても良いのですが・・・
仕様をどうするかとか、今後、変わる可能性も有るし・・・
今回のスバル360は必要ですが 他には今のところいらないし・・・

ケースはYM-250があるから作れます
このケース20年くらい前に買ったものだと思いますよ
こんな大きいケースは 必要なかったので埃をかぶっていました・・・

見た目は ケースに入っていたほうが 良いですね
写真写りだけの問題かもしれませんが・・・



もう少し、考えるかな? 納期には十分間に合うし・・・

拍手[5回]

プロフィール
HN:
Twin Top yoshi
性別:
男性
趣味:
バイク、車、ジェットスキー
自己紹介:
本業は、車のチューニングで バイク、車用 V-UP16.マルチスパークアンプMSAの製造もしています
バイク、ジェットスキー用の インジェクション仕様の製作も行なっています 
フリーエリア
ランキング参加中です よろしければ 下のバナーを クリックしてください
カテゴリー
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
7 10 12
17 18
24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア